« ELECTRIC EYE | トップページ | Bleed like me »

Know your enemy

本当に雑記。
ちょっとしたお話を二題。


サタンクローズ

これは、こないだブックオフで買ってきた、2年ほど前の
GrindHouseMagazineに書かれていたお話。
日本では、あまりなじみのない話ですが、
主に欧米をはじめとするキリスト教圏には、
悪魔崇拝というものが存在します。
キリスト教の発生や伝播にまでさかのぼるデリケートな話なんで、
詳しくは書かないけど大きくわけて、
悪魔と呼ばれるもの一般を信仰するカルトのようなもの、
もしくは、大多数が信仰する神以外の神を信仰する異端などが、
悪魔主義者、サタニストと呼ばれることがあるようです。
というか、前置きが長くなりましたが、今回の話には
そんなことはどうでもいいのです。

サンタさんてのは、すごくメジャーな存在ですよね。
日本では特定の信仰を持たない人でも、誰でも知ってると思う。
サンタクロースていうのは4世紀に実在した、
大司教で子供の守護聖人である、聖ニコラスの名前にちなんでいるそうで。
キリスト教の出であります。
で、それに当たるものが、悪魔崇拝にもあるんだそうです。
それが表題のサタンクローズね。
サンタさんが、聖人の名前ていうどことなく由緒正しいものなんだけど、
サタンクローズは、ただのダジャレなんだってさ。
”サンタが街にやってくる”を替え歌にした
”サタンクローズがお前を滅ぼしにやってくる”みたいな曲もあるそうで。
で、サンタさんが子供にプレゼント渡すように、
サタンクローズもプレゼントを渡すんだそうですが、
鞭や突き棒などの拷問道具や、サソリ、ワニなどを送るんだって。
サタンクローズの外見は、ボサボサの髪で、指が鉤詰めになっている以外は、サンタさんとほとんど同じらしいです。
なんとなく、邪悪だけどお茶目だと思う。
悪魔崇拝を排斥する動きはあるようで、
学校で子供達がサタンクローズを信じるのを禁止する話合いも進められているよう。
それについての悪魔崇拝教会の執事のコメントを引用すると、
「キリスト教徒の子供たちにはクリスマスがあり、
ユダヤ教徒の子供達にはハスカー(ユダヤ教の神殿清めの祭り)があります。
悪魔崇拝者の子供達だけ、冬休みを楽しんではいけないのでしょうか?
それは不公平すぎます」

そうだね。
信仰の問題はデリケートなんで、あまり私見述べることはしないけど、
あってもいいと思うよ。
ダジャレから生まれたというものでも、幸せになる人がいるなら、
それはそれでいいんじゃないかな。
信仰ってそういうものだと思うし。
迷惑かけなければ、何信仰してもいいし、
それにメジャーな宗教だからって、それを正しいと思うのは人それぞれだしね。
私はよくこのことについて知らないけど、
これはそんなに悪くない話だと思ったよ。

参考(GrindHouseMagazine Vol.21)


怪文書

先日、職場にFAXで怪文書が届きました。
霊感商法とか、スパムメールみたいな趣のものなんだけどね。
詐欺の類なんだか、本気なんだか、ちょと分からないんでちょと怖い。
内容を簡単に説明すると、

送り主は、不思議なことを研究しているんだそうです。
TVに出たり、かなり有名なんだそうで。(私は知らないけど)
その人が言うには、中国の考古学者から、
世に知らされていない占いを教えられんだって。
それは、人間の運命を知ることが出来て、
しかもその運命を変えることが出来るんだと。
そのレポートを送りたいんで、返信してくださいという内容でした。

まあ、一種の詐欺の類だと思う。
この占いを使って、送り主が株で1億4千万儲けた話とかはまあ、
この手のにはよくある話。
占いの使い方が姑息な気もするけど。

あと、ある女性が、大学院に入れるかどうか占ったという話もあってね。
結果は合格と出たけど、同時に父親が亡くなり、大学院に行くことは出来ない、と出たんだそうな。
彼女は驚いたけど、同時に占いにその運命の回避方法も出たんだって。
それは『庭に8匹のうさぎを飼いなさい』でした。
まもなく父親が重い病気にかかったので、彼女は8匹のうさぎを飼うことにしたんだそうです。
そして、占いに出た、父親の亡くなる日が来ました。
父親は亡くならず全快し、8匹のうさぎが死んでいたそうです。
……。
なんというか、どこかで聞いたような話だなあ。
突然出てきた「彼女」は誰なのかなあ。
この話の最後の一文が、
「いま彼女は喜び勇んで大学院に通っています。」
だそうで、何かが釈然としない…。
例えば、「彼女はうさぎへの感謝を忘れず〜」とか、「彼女はこの占いに心から感嘆し〜」とか。
なんでただ喜んで、しかも「勇んで」通ってるんだよってかんじ。
どこか奇妙だに。

まあ、この占いを必死に研究した結果のレポートを送りたいんだそうです。
しかし、そのレポートの枚数が40ページなんですが、
大学生の長期休暇の課題より少ないよ!
そんなにすごい占いなのに、意外と淡白なんだな。
と思った次第です。



余談
少し前からブログの改行の仕方変えてるんだけど、どうだろう。
文が若干ブツ切りになってる気もしないでもないけど。
コメントお待ちしております。

|

« ELECTRIC EYE | トップページ | Bleed like me »

雑記」カテゴリの記事