« rainsong | トップページ | Bark at the moon »

world symphony

先日、ウルトラマンマックスが最終回を迎えました。
このシリーズは原点回帰をテーマにしてきたらしく、
往年のファンも納得の出来ではなかったかと思います。
私は、平成ウルトラマンシリーズで唯一毎回観続けた作品なので、
他との比較は出来ないながら、なかなか楽しませていただきました。

最終話は、ウルトラシリーズの別れ(ウルトラマンと地球人の)の寂しさや、
情緒あるラストシーンなどを踏襲していたと思います。
それに加え、非常に希望の溢れる、いいラストだったかと。
(少しショッキングな面もあったけど。)
ネタばれなんで、あまり詳しくは書かないけど、
ウルトラマンシリーズのラストとしてふさわしい内容だったんじゃないかな。
敵が少し地味な感じだったり、展開が少し急かなって部分もあったけど、
子供がメイン視聴者なわけだし、わかりやすさも必要かなと。
勿論大人が観ても観賞に堪えうるとは思うけど。

番組全体を通しての感想は、まずやっぱり往年の怪獣やキャストが活躍したことがうれしかったかな。
エレキングやレッドキング、バルタン星人、メトロン星人、ゴモラ、アントラーetc.
みんな昔の姿に忠実な雰囲気で登場してきてうれしかったです。
それに加え、初代マンのハヤタ、フジ、イデ隊員役の俳優が登場したり、
セブンのモロボシ・ダン役の方が登場したり、往年のファンにはうれしいサービスでした。
細かい部分とかもニヤリとさせてくれたり。(ハヤタの俳優さん演じる長官がカレー食べてたり)

話の出来として光ってたのは、やっぱり実相寺監督作品でした。
メトロン星人の回を当時と同じ監督、しかもセブンのエピソードの続きとして描いてくれたのにはしびれましたね。
内容も、実相寺作品らしいシニカルで、かつどこか物悲しい、そんな雰囲気全開でした。
夕暮れのボロアパートでちゃぶだいごしに、メトロン星人とウルトラマンに変身する人間が対面するシーンや、夕暮れの工場地帯で、水面にメトロン星人の姿が反射しているところとか感涙ものでした。
同監督作品の「胡蝶の夢」の回も、子供向けとは到底思えない重苦しい、幻想的で美しくて、どこか奇妙な作品でした。
往年のファンには評判よかったようですが、子供や親御さんには評判よくなかったようですけどね。
まあ、実相寺監督は子供があまり好きではないと聞くので、そのへんは納得かも。

出来れば、今回色々画像交えながら進めたかったんですが、なかなかどういう画像使うか決まらず、デジカメも今使えないので、断念しました。
無断転載もどうかと思うし。
それは次回以降考えます。

そうそう、ウルトラマンシリーズ40周年記念出版の
『決定版 全ウルトラ怪獣 完全超百科』ウルトラQ〜ウルトラマンパワード編、
ウルトラマンティガ〜ウルトラマンマックス編が各1300円で講談社から出てます。
私は両方買いました。
詳しくはないにせよ、オールカラーで画像も豊富なんで眺めているだけで楽しいです。
子供向けなんで、解説なども簡単だったり、データが充実してなかったりもしますが、
値段にみあった内容ではあると思います。
子供〜大人まで楽しめるかと。

4月から、時間帯がかわって新作、ウルトラマンメビウスがはじまります。
帰ってきたウルトラマン以降の怪獣が登場したり、往年のウルトラマン達が出るようなので、
楽しみにしてます。
40周年記念作品のようなので、いい作品になるといいなあ。
ちなみにガメラとウルトラマンは同い年なんですよ。
怪獣ものが、これを機にまたもりかえしてくれたらうれしいですね。

私のサイトの怪を叫んだ獣もよかったらどうじょ。

|

« rainsong | トップページ | Bark at the moon »

怪獣」カテゴリの記事