« TASTE OF INDIA | トップページ | too bad »

Fortune Faded

先日発売のRed Hot Chili Peppersの「Stadium Arcadium」買いました
輸入盤で、限定のあったんでそっち買ってみた。


国内盤、2980円、輸入盤、2500円強、
で、この限定盤は約8000円の品。
箱でかっ!
レジ並んでて、CD単体よりかなり割高だよなあ、
対訳もつかないし…。
と考え、少し躊躇しましたが、
ちょうどレジが空いたんで、
覚悟きめて(?)、持って行きました。



これが中身。
28Pブックレット、ダニー・カリフォルニア
のPV&メイキング映像等入りDVD、
コマ?、メンコ?、ビー玉、変な絵の書いた紙数枚
が入っていました。
ガクッ
DVD、ブックレットはいいとして、その他はかなり微妙。
箱はかっこいいけど、大きくて置くところ困るし…。
普通の買えばよかったかなあ。
DVDまだ見てないけど、その出来次第ではあるかな。
ダニー・カリフォルニアのPVをDVDで見れるのは素直にうれしいけど
内容はまだそんなに聞き込んでないんで、なんとも。


これは1stシングルの"Dani California"
(下の黄色いのは折り畳み傘です><)



未発表曲2曲収録。
デスノート主題歌ってシール貼ってあったね。
この曲が果たして合うのか…。
これは国内盤だけど、輸入盤では、
未発表曲1曲収録ってのもあって、
そっちのはこれには入ってないんで
それも欲しかったなあ。
国内盤買ったのは、アルバム、
輸入盤買っちゃったんで、
シングル曲の対訳見たかったからです。
タイトル曲は、好きな曲です。


ちなみに同日発売のTOOLの新譜の国内盤。
輸入盤先週買ったんだけど、この日国内盤確認したら、
特に特典もないようなんで、早く手に入ったし、
割安だったし、こっちは輸入盤で正解だったかな。


ステイディアム・アーケイディアムステイディアム・アーケイディアム
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2006-05-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
<追記>
この限定盤、別な店では12000円以上で
販売されていたので、ある意味得したかな?

|

« TASTE OF INDIA | トップページ | too bad »

音楽」カテゴリの記事

コメント

そうですねぇ…
仰る通りだと思います><\

世界全体で言うと“英語”が強いのは当然で
日本国内で言えば“日本語”が強いのは至極当然の事なんですよねぇ

実際、聴く方としては本当は分類とかって問題じゃないんですよね

邦楽がかっこわるいとか洋楽を聴く事が「変わってる」とかいうのって単なる偏見でしかないですよね…

まぁ…
人それぞれ“好き嫌い”っていうものはあって当然の事だと思いますしそういうのに“理屈”なんて本来ないはずなんですけどね…

“周り”に流されてどうこう言ってるうちは偏見から抜け出せないでしょうねぇ…

自分自身の“目”で観て“耳”で聴いて“肌”で直接感じなければ本当に“良い物”を見極める事なんて出来る訳無いですもの

何れにしろ本当に好きな事に熱中できるっていうのはとても素晴らしい事ですね

私の方は久しくCD買わなくなってますしねぇ…><\

最後に買ったのは“女子十二楽坊”だったかも…><\(一応“洋楽”になりますねw)

P.S. レッドホットチリペッパーズのアルバム、オリコンでトップになってましたね

流石の貫禄…といったところでしょうか…><\

投稿: 遊・命 | 2006年5月22日 (月) 21時21分

>遊・命さん

日本は確かに沢山ある国の中の国の一つだし、そういう意味では、邦楽と洋楽の数比べれば洋楽の方が絶対多いだろうね。
でも、日本の音楽市場って、不景気だとはいうけど、例えば国内チャートの規模なら、アメリカに次ぐ大きさなんだよ。
実はEUで最大の市場である、イギリスを凌ぐ規模だし。
そういう意味では、日本人は音楽がある意味かなり好きなようです。
日本産のアーティストが、世界的に大ヒットってことは少ないから、欧米のトップクラスのアーティストには売り上げ枚数ではかなわないんだけど、国内市場全体としてはかなり大きいみたいね。
国内、国外言うカテゴライズは、別に日本だけではないけど、多分大雑把にいうと日本語曲と英語曲みたいな感覚で日本では分けて聴いてる人多いんではないかな。
世界でヒットする曲のほとんどは英語だしね。
話がとっちらかったけど、そんなかんじ。
要は、邦楽、洋楽って分類はビジネス上分かりやすいけど、聴く方にとっては大した問題ではないってことかな。
邦楽だせえって言う人や、洋楽聴くなんて変わり者みたいに言う人ってのはまだいるのかな。
いるならちょっと残念だね。
先入観捨てれば楽しめる選択肢が増えるかもしれないのに。
まあ、言語も音楽の要素だとしたら、もちろんそこにも好みはあるんだろうけどねえ。
色々聴いてみるのも楽しいかもよ、と言ってみる。
といっても、興味ないのには食指は動かないだろうし、いつも聴いてるの飽きたり、新しいジャンル開拓したいとか思ったら、積極的に好み広げると、気に入った音楽に出会えるかもね。
音楽に限った話じゃないかな、これは。
私もまだまだです。
聴きたい作品は沢山あるけど、なかなか全部は聴けないしなあ。
なかなか好みが広がりませんよう。
聴きたいのあるってだけで、まだ幸せなのかもだけどね。

投稿: ぴよこ | 2006年5月15日 (月) 08時50分

まぁ実際の処
日本なんて世界全体からみれば
「ちっぽけな島国」にしか過ぎないでしょうしねぇ…

そもそも“区別”するっていうのがおかしいですしね

よくお話ししてますけど
結局ジャンルとか“何処”の“何”とかいう括りに縛られていたら“本当に良い物”を見過ごしてしまうんですよね

好みってのは人それぞれですし
みんなが「良い」っていうから自分にも“良い”ものか?
っていうと、そうとばかりも言い切れないですしねぇ

まぁ“聴いている”“聴いてない”っていう事で言うなら上はまだまだいるんでしょうけれど
やっぱりぴよこさんが“好き”だっていう“熱意”みたいなのは結構伝わると思うんですよね

そういえばホントCDとか買わなくなったなぁ…
(^^;

投稿: 遊・命 | 2006年5月14日 (日) 17時37分

>遊・命さん
うーん。
本当にロックは好きだよ。
本物とかはよくわかんないけどね。
割と、PSOしてても、音楽好きの人と知り合って、話したりはしてるね。
洋邦問わずだったりするけどね。
その辺はあまり区別はしてないかな。
日本とそれ以外みたいに音楽については考えてないしね。
割合からいうと、洋楽聴いてる方が多いことになるけど、それは世界にある音楽の割合としてはそれが普通かもだし。
少し話それちゃったね。
まあ、日本人だから、世界で聴かれている割合以上に日本語のロックは聴いているわけではあるね。
逆に、逆に洋楽聴いてる割合は日本人にしては高めってことになるのかな。
多分、聴いている数はそれぞれ平均以上だとは思うけど、聴いてる人はすごい聴いてるからなあ。それにはかなわないかと。
チャートをにぎわすような音楽を聴いてる割合は多分少なそう…。
レスになってないかもだけど、そんなとこです。
輸入盤もねえ。
US盤、UK盤、GER盤だとか色々出てるのもあるからなあ。
最近だと、韓国盤、中国盤なんかも中古レコード屋とかでよく見かけるようになたよう。

投稿: ぴよこ | 2006年5月13日 (土) 04時15分

“普通の…”っていうのも「本当に好き」だからこそ
本当は言えるのかも…

とか何とか…><\w

洋楽を良く聴いてる人
友達にもいましたけど会わなくなって久しいですしねぇ…

“洋もの”であるが故に
良くも悪くも色々な形で消費者にも選択肢を与えてくる訳ですねぇ…

私も“似た様な”経験ならあると思っていますので
何となくは判るつもりでいます…><\

これからも趣味に生きていたいですねぇ…

投稿: 遊・命 | 2006年5月12日 (金) 23時18分

>クラウドさん
バッテリーかあ。
言われればそうかもだけど、結構ピンとこなかったり…。
私はバッテリーといわれると、メタリカの曲思い出してしまいます。
遊・命さんのいうとおり、レッチリは人気のあるロックバンドで、私は大好きなのです。
シングルのジャケの写真は多分、タイトルの「ダニー・カリフォルニア」っていう名前の女性なのかな。

>遊・命さん
うーん。
まあ私はロック好きではあるけど、普通のロック好きってかんじだよ。
そんな大したものではないと思いますぶよ。
確かにロックはすごい好きだけどねい。
洋楽CDは輸入盤の方が早く入荷すること多いし、値段安いんだよね。
だから、特典とかないなら、最近は輸入盤買うんだよ。
対訳とかライナーノーツとかがよっぽど見たかったり、ボーナストラックが聴きたいんでなければね。
ジャケも日本市場向けに差し替えられたりしてるのもあるしね。
どっちがいいとは言わないけど、私はその時々の気分や懐具合も踏まえて買ってるかな。
タワレコは輸入盤安いしいいなあとか。

投稿: ぴよこ | 2006年5月12日 (金) 01時34分

ああぁっ
何か分かるかも…(^^;
>バッテリー

因みにクラウドさん
ぴよこさんは無類の“ロック好き”(よくある“かっこつけ”とかでなく純粋に“流儀”や“精神”“音楽性”を愛してる“本物”)で
ホームページ『Plastic SOul』にも『ロック蔵』というコーナーで熱く語っておられます

このCDは“Red Hot Chili Peppers”というロック好きで知らぬ者はいない(?)っていうかなり有名なグループのものらしいです

ですので“サントラ”とは違うかもです

まぁ…
かくいう私も残念ながら詳しくは存じ上げていないのですが…><\

そんな私ですがぴよこさんの“愛”はよく分かります><\

付属が微妙…ってのが、“がっくし”なのも痛いほどに…(^^;

国内販売版と輸入盤の違いを“楽しむ”のもマニアの“嗜み”ってやつなんでしょうかねぇ><\

投稿: 遊・命 | 2006年5月11日 (木) 22時00分

この1枚目の写真見た時、車のバッテリーだと思ったのは内緒だ。

実際はCDーBOXらしいが、
どんな内容のCDかは解らない!
映画とかの?馬に乗っているの「シーナ」って映画ぽいから、
そう思っただけ。

投稿: クラウド | 2006年5月11日 (木) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TASTE OF INDIA | トップページ | too bad »