« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

うめぼし

私がコンビニでよく買うものの一つに、梅干しがあります
梅干しというか、練り梅だとか、梅の酢漬けだとか、
そういうのが多いんだけどね。

私は多分、日本人の平均以上に梅干しが好きだと思う。
おにぎりで一番好きな具も梅干しです。
桃屋の梅ごのみも冷蔵庫に常備してます。
(というか、酸っぱいものが好きなのかな?
みかんも酸っぱいのが好きだし、もずく酢とか
酢の物も好きだしなあ

でまあ、最近はコンビニ行くと、梅系食品と
ミネラルウォーター買うことが多いです。
梅系と言っても、色々あるわけで前述した
練り梅系、キャンディー・ガムなどの菓子、
梅の酢漬け、干し梅などがあります。
で、梅といっても、甘い味付けされたもの、
酸っぱいのを売りにしたもの、
さらに最近は、酢漬け、干し梅も種ありと
種なしがあったりします。
毒々しい赤の着色したものが以前は多かったけど、
最近は無着色の緑のも出てますね。

というわけで?今回は私が好きな梅系食品を紹介しますね。
ちなみに私が好きなのは、酸っぱい系です。


梅ぼし 純mini
Asahi

フリーズドライ製法で梅干しをタブレット状に固めたもの。
割と例を見ない感じだと思う。
雰囲気的には梅干しの味がするフリスク。
これはかなり、シソの風味が効いていて、
コンビニなどで売ってるものでは酸っぱい
部類に入るかと。
家庭の梅干しの味(といっても様々ありそうだけど)
に近い印象かも。
キヨスク系コンビニで見かけること多いかも。
あまり売ってないのが難点ですが、本格的な味で、
私は好きですね。

梅ねり
ノーベル

これは名前通り、練り梅系。
でも、柔らかめのものが多いなかで、これは固いです。
噛んでいくと梅干しの味が染み出てくるかんじ。
食感はキャラメルに近いかなあ。
酸っぱめですが、少しまろやかさがある。
ただ、粘着力は低いんだけど、歯の詰め物が取れそうに
なるんで、あまり食べてません><
ファミリーマート系でよく見かけます。
長く噛めて、沢山入ってるんでお得かも。

素材選菓 かりかり梅
井上食品株式会社

これは、ampm限定なのかもしれない。
酢漬け梅干し。
いわゆるかりかり梅です。
かりかり梅ってのは昔から結構好きでね。
代表的なのに、梅しばって商品があって、
これはどこでも買えるっぽいけど、売ってるのは
ほとんど着色したものが多いんで最近は買ってないかな。
最近は無着色のも売ってるけど、あまり見かけないな。
かりかり梅はコンビニの百円おやつみたいなのでも、
置いてるとこあるね。
これも無着色なもの見かけるようになった。
私はこれ、種ありが好きなんだよね。
種なしは、あまりカリカリ感が味わえないような気がする。
こういうのはアレですが、梅の酢漬けは、どれも味は大体
似ているし、当たり外れ少ないんで、量だとか、添加物だとか
見て、好きなの買ってもいいかもです。
ちなみに素材選菓には焼き梅ってのもあります。


あと、よく売ってるなかでは、甘酸っぱい系だけどスッパイマン
てのがあるね。
乾燥梅を少し甘めにした感じ。
少し他より高い気もするけど、これは結構好きかも。
練り梅は甘いの多いね。
甘いのはあまり食べないし、練り梅の柔らかい感じがあまり
好きではないのでこれは食べること少ないかな。
でも初心者?にはいいかもしれない。
生っぽいやつ以外は、冷やして食べるとおいしいような気がします。

梅干しは日本の伝統的な保存食品ですし(コンビニとか
のは、そんなに保存きかないかもだけど)食べ過ぎなけ
れば、健康にいいんで、オススメです
こうして加工食品の一ジャンルになるほど愛されているんですね。
変な結論ですが以上で。

| | コメント (2)

GET BACK

DC版PSOのライセンスが、5月20日10時から、無料になりました!
私も先ほど顔を出してきましたよ。

ラグオルウォッチャー見てもわかるように、
人数激増してます。
私行った時は、午前1時くらいでしたが、
JPで150人弱接続していました。
前日から考えるとすごい伸びですね。
1−1は人あふれてて、50人近くいたかな。
部屋も結構あったし。
ただ、残念ながら、ギルドカードの検索に、
あまり知り合いは引っかからなかったんですが、
くじけずまた行ってみたいと思います。
懐かしい方々に会えるといいなあ

しかし、懐かしいです。
ギルカ見ると、当時のこと思い出しちゃうし。
壁にもぐれたり、カメラが自動で戻ったり…。
復帰組がわいわい写真撮ってたのが、
印象に残ったなあ。
私の友達も戻ってきてないかな。
私のHP教える前に来られなくなった方にも、
URL教えたいし。
できれば、どこかで繋がっていたいって思うのですよ。
それが甘い考えでも、そう思ってしまうね。

それと、接続の際には、設定の変更必要なんで、
DC版PSO公式HPでご確認ください。
またみんなに会えたらいいな。
もし遊びたいって方は、ここでも
HPの方でも、メールでもいいんで、
教えてください。
一緒に遊びましょう

| | コメント (8)

Some Kind of Monster

ポケモンのカテゴリーを追加してみました。
ゲームのカテゴリーの中でもよかったんですが、
ゲームの他、TVアニメ、映画、漫画、グッズなど
話題が広くなりそうなんで、新たなカテゴリーにしました。
PSOやPSUのことも、話題多そうなら別カテゴリーで
作るかもです。

今回は、ポケモンのDS版新作
ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」のお話。
15日発売のコロコロコミックで、ついに画面写真、
主人公、前作との連動などが公開されました。
新たに判明した要素は以下。


1.今回の冒険の舞台はシンオウ地方。
冒険は自然に囲まれたフタバタウンから始まる。

2.主人公は男女から選択。
男女とも、帽子、マフラー、時計?を着用。
男の子はベレー帽をかぶり、ボーイスカウト風、
女の子は、ピンクのミニスカート、ブーツが印象的。
バッグは男女それぞれ、リュック、ハンドバックのよう。
どちらも前作までの主人公より、やや大人びた印象。

3.フィールドの画面写真で公開されたのは、5点。
男女主人公が自宅前に立つ写真、
立体的な階段?の先でトレーナーと出会った写真、
街の中の写真、ポケモンセンターが確認できる、
砂浜を歩く写真、足跡が残っている。
主人公、キャラなど、少し大きくなった印象。
建物、高低差など、微妙に3D使用か?

4.バトル画面は、綺麗になってはいるものの、
以前とそれほど変わりのない印象。
戦っているのは、マニューラLv32、ゴンベLv26。

5.ポケモンは2体の詳細が明らかに。
ゴンベ
ぶんるい:おおぐいポケモン
タイプ:ノーマル
とくせい:あついしぼう、ものひろい
たかさ:0.6m
おもさ:105.0kg
(カビゴンの進化前。画面では「のみこむ」を使用。)
マニューラ
ぶんるい:かぎづめポケモン
タイプ:あく/こおり
とくせい:プレッシャー
たかさ:1.1m
おもさ:34.0kg
(ニューラの進化系。画面では「リベンジ」を使用。)

6.ダブルスロットでGBA版と連動。
ゲーム中、条件を満たすと、ルビー、サファイア、
ファイアレッド、リーフグリーン、エメラルドのカートリッジから
ポケモンを連れて行くことが出来る。

7.DS用ソフト、ポケモンレンジャーとも連動。
それによりマナフィのタマゴを入手出来る。
マナフィ
ぶんるい:かいゆうポケモン
タイプ:みず
とくせい:???
たかさ:0.3m
おもさ:1.4m
入手手順は、
・劇場版ポケモン前売り券を買い、ポケモンレンジャー用
のWミッションをDLしてもらう。
・Wミッションの「だいじなタマゴをとりもどせ!」をクリアし、
マナフィのタマゴを保護する。
・タマゴをレンジャーネットで、ダイヤモンド・パールに送る。
※マナフィは通常入手不可。

8.発売時期は、今秋予定。
価格未定。


記事は多くはないにせよ。
これだけのことが判明しました。
それに関して私見などを。
まず、上記1.について。
シンオウ地方は、おそらく東北か北海道。
今までのシリーズでは、関東、近畿、九州が出ており、
次は、上の2つに加え、四国あたりが有力だと思っていたが、
主人公のマフラーから、北国と予想。
3.4.について。
新ハードになっても、画面からポケモンらしさが失われていない
ようなので、そこは安心。
砂浜が白っぽいような気がするけど、雪とか?
5.について。
これ以外に、姿などが今まで紹介されているポケモンは、
ルカリオ、マネネ(バリヤードの進化前)、ウソハチ(ウソッキーの進化前)、ペラップ、ブイゼル、タマンタ(マンタインの進化前?)。
新登場ポケモンは、旧ポケモンの進化前、進化後が多そう。
これで今まで微妙なポジションだったポケモンに脚光が当たればいいな。
ブイゼルは水タイプだし、なんとなく初めにもらえる3体の中の一匹のような気もする。
6.について。
予想はしてたけど、やはりいいアイデア。
以前は本体2台、もしくはGCのポケモンボックスがないと、
ポケモンの移動が出来なかった。
DSは、DSソフトとGBAソフトを挿すスロットがあるので、
以前のポケモンはDS一台で移動出来るね。
条件は多分、ゲームクリアーかな。
7.について。
マナフィは多分、ミュウ、セレビィ、ジラーチなど、
通常入手不可だったポケモンと同じようなタイプ。
上記の3体の能力値は同じだったので、マナフィもそうなりそう。
欲しい気もするけど、ポケモンレンジャー+映画前売り券を
買わなければならないのが難。
しかも、おそらくDSも2台必要。
ポケモンレンジャーにそれほど魅力は感じないので、
これは手に入れるのは断念するかも。
一体のポケモンのために、あまりやりたくないソフト
買うっていうのも微妙だしね。
お金もだけど、時間を費やさないといけないのがきつい。
もう少し連動が魅力的だったり、レンジャーのゲーム性が
食指の動くものだったら問題なかったのだけど…。
前売りは映画も観れるし、DS本体は弟のもあるから
そっちは別にいいんだけどね。
少しこれは感心しないかな。

というわけで、今回の記事で俄然楽しみになりました。
おそらく、コロコロの情報が今最も早いかと。
私もそれだけのために買いました…。
早売りで金曜に入手したんで、即日これ書きたかったんだけど、
まあ色々あったので。
ネットでは木曜ぐらいからコロコロの記事がUPされてました。
オフィシャルではまだだけどね。
その他にも、新登場ポケモン情報などが飛び交っていて、
それらしいものもあったけど、おそらくほぼガセだと思う。
ともかく、かなりの注目度のようです。
DSのキラーソフトになること間違いないしね。
WiFi対応なのかとか、気になるなあ。
続報出たら、また紹介するね。
今回はこんなかんじで。


ポケットモンスターオフィシャルサイト
フラッシュあり
フラッシュなし

|

too bad

ブログ、さっきまで別な内容書いていたのだけど
少し書きたいこと出来たので。
K-1GPオランダ大会やってましたね。
個人的に可でも不可でもなかった。
バンナvsレミーの判定がちょっとと思うくらい。

ただ、 これ が本当だとしたら最悪の大会。
TVでは、体調不良で欠場って言ってたね。
ホーストの国内引退試合であるはずの試合で、
因縁の相手と、ってことで楽しみにしてたのにな。
最近ネガティブな話題ばっかりだった彼だけど、
私は応援してた。
思うところあるけど、多く語るのはやめよう。

今後、この事件の真相が公になることはなさそうだけど、
彼の今後がさらに厳しくなったことは間違いない。
こういう声明発表されるってことは、
K-1はもう彼を守るのをやめたと考えられるし。
残念だ。
彼にかわって出場したアーツには賞賛の言葉しかない。



新日、K-1、PRIDEタブー大全 (2006)新日、K-1、PRIDEタブー大全 (2006)

宝島社 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2)

Fortune Faded

先日発売のRed Hot Chili Peppersの「Stadium Arcadium」買いました
輸入盤で、限定のあったんでそっち買ってみた。


国内盤、2980円、輸入盤、2500円強、
で、この限定盤は約8000円の品。
箱でかっ!
レジ並んでて、CD単体よりかなり割高だよなあ、
対訳もつかないし…。
と考え、少し躊躇しましたが、
ちょうどレジが空いたんで、
覚悟きめて(?)、持って行きました。



これが中身。
28Pブックレット、ダニー・カリフォルニア
のPV&メイキング映像等入りDVD、
コマ?、メンコ?、ビー玉、変な絵の書いた紙数枚
が入っていました。
ガクッ
DVD、ブックレットはいいとして、その他はかなり微妙。
箱はかっこいいけど、大きくて置くところ困るし…。
普通の買えばよかったかなあ。
DVDまだ見てないけど、その出来次第ではあるかな。
ダニー・カリフォルニアのPVをDVDで見れるのは素直にうれしいけど
内容はまだそんなに聞き込んでないんで、なんとも。


これは1stシングルの"Dani California"
(下の黄色いのは折り畳み傘です><)



未発表曲2曲収録。
デスノート主題歌ってシール貼ってあったね。
この曲が果たして合うのか…。
これは国内盤だけど、輸入盤では、
未発表曲1曲収録ってのもあって、
そっちのはこれには入ってないんで
それも欲しかったなあ。
国内盤買ったのは、アルバム、
輸入盤買っちゃったんで、
シングル曲の対訳見たかったからです。
タイトル曲は、好きな曲です。


ちなみに同日発売のTOOLの新譜の国内盤。
輸入盤先週買ったんだけど、この日国内盤確認したら、
特に特典もないようなんで、早く手に入ったし、
割安だったし、こっちは輸入盤で正解だったかな。


ステイディアム・アーケイディアムステイディアム・アーケイディアム
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2006-05-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "Fortune Faded"

| | コメント (8)

TASTE OF INDIA

横浜カレーミュージアム体験記その2

前回に続いて、カレーミュージアムのお話。
今回はあまり関係ない内容かもだけど。


カレーミュージアムの入り口の看板(なのかなこれ)。
2匹のゾウが、マスコットキャラのよう。

多分、このゾウはガネーシャだと思うよ。
インドの神でゾウの顔を持っているのが大きな特徴。
日本では、歓喜天(かんぎてん)、聖天の名で知られる神様。
この写真のように歓喜天は、
2匹のゾウが向かい合う形で描かれてます。
だから、おそらくそれモチーフにしたキャラなんじゃないかな。
インドでは人気ある神だし。
ただ、歓喜天は日本では和合の神なんで、
カレーとの関連性は不明。
あとで、調べてみるよ。


これは、家のお土産に買った、
ミュージアム限定レトルトカレー。

結構高くて、一個500円以上したかな。
写真粗くて申し訳ないけど、
一応上がキーマ、下がチキンカレーです。
チキンの箱がもうあいてるのは内緒
チキンだけ食べてみたけど、結構おいしかったよ。
レトルトにしてはだけど。
濃い味付けで、若干脂っぽいのは、保存上の問題なのかな。
ご飯の割合少し多めのがおいしく食べられるかも。
ちなみに、お土産は他に、ラッシーと
カレークッキー買いました。
ラッシーは、上記のチキンカレー食べたときに飲んだよ。
牛乳で溶かすだけのお手軽さだけど、おいしかった。
カレークッキーは職場のお土産に持っていきました。
甘くて、普通のクッキーみたいな感じだけど、
後味がカレー臭くて、なかなか最悪でした


売店で売ってた、北海道ご当地カレー2種。
熊カレーとトドカレーです。
 
インパクト抜群だね。
値段は1300円ぐらいだったかな。
興味はあるんだけど、
なんとなく食べたいという気がしない…。
ネタ用にかなあ。
観光地なら売れそうだけどね。
名物にうまいもの無しとはいうけど、
これは果たして…。
もし今後食べることあったら報告するよ。
食べ終わったら、缶は記念に取っておきたい。
ほんとインパクトあるね。


今回は以上で。
カレーミュージアム、なかなかオススメです。
今度行く時は人いない時期がいいな。
カレー好きは一度行ってみる価値あると思うよ。


横浜カレーミュージアム

続きを読む "TASTE OF INDIA"

| | コメント (10)

Fool For Your Loving

横浜カレーミュージアム体験記その1


先日、GWを利用して、横浜カレーミュージアムに
行ってきました。
休暇中だけあって、行列できててね。
入り口で30分、店に入るまで40分とか待ちました。
沢山食べれるように、朝食抜いてたんで、もう食べたくて食べたくて。
辛抱たまらなかったです

カレーミュージアムのことを簡単に説明しますね。
ここは日本で唯一、世界でも珍しいカレーのテーマパークです。
まず、日本で名店と呼ばれる店が何軒も入っていて、
それらをミュージアム内で食べることが出来るのが特徴。
売店では、カレーレトルトカレーやルーなど、
数百種類販売しています。
その他にも、バーやスゥイーツショップなどにも、
カレーに関するものがあったり、
いたれりつくせり(?)の内容。
カレーの歴史などのわかる展示などもありました。


現在出店してるカレー店こちら。(入れ替えもあるようです)

パク森(東京・オリジナルカレー)
ハヌマーン(インドカレー)
湘南カレー紅(湘南カレー)
カリー(変換できない)本舗(博多・やきカレー)※
琉球カリー(沖縄カレー)
Kingデリー(インド・パキスタンカレー)
横浜フレンチカレーの店(横浜・フレンチカレー)※※
讃岐五右衛門(讃岐・カレーうどん)
船場カリー(大阪・欧風カレー)
木多郎(札幌・スープカレー)

※(変換できない)は店名に含まれません><
※※横浜の5店のプロジェクト店


私が食べたカレーはお試しサイズで4種類。
ミュージアム内では、食べ比べできるように、
量を少なめにしたお試しサイズがあります。
本当は、全種類いきたかったけど、
やっぱし無理だった


まずは、ハヌマーン。
ここが確か40分並んではじめに食べたところです。
チキンカレーを食べました。

携帯のカメラがいまいちなんで、
あまりおいしそうに見えないけど、
ここはかなりおいしかった。
ルーはサラサラ。
一口目は、少し薄いかな?って思ったけど、
食べるほど辛さと味わいが増して、やめられなくなります。
具のチキンは骨付きで、でもスプーンで簡単に
ほぐれるくらい柔らかいです。
米は香りがよくて、サクサクした歯ざわりがある。
これはかなり秀逸です。
これほど、カレーにあったライスは
なかなかお目にかかれないよ。
お試しで食べたけど、ここは普通に食べたかったな。


次の3軒はカレー屋台のもの。
屋台は、数種類の店舗が入っており、席に座りながら
食べ比べられます。
ここも30分くらい並んだけど、一回で数店舗食べられるしね。


Kingデリーのカシミールカレー。
ミュージアム一辛いのがこれだそうで。

アジア系カレーではめずらしく、
色が濃くとろとろな感じ。
欧風カレーのようなコクもあって、
辛さの割には食べやすく、オーソドックスな印象。
辛さ、食べ始めはなんともないけど、
食べ続けてると徐々に辛く…。
かなり辛い部類だとは思うけど、
私が普段食べてるのよりは、
辛くなかったんで大丈夫だたかな。


木多郎のチキンカレー。
スープカレーは久々だなあ。

これは食べたかんじ、かなりスパイシー。
サラサラのルーは、普段そういうインドカレーを
食べている私には、それほど目新しくはなかったかも。
トマト系をメインで使ってるようで、その酸味と辛さの
バランスがいいかんじ。
野菜がごろごろ入ってるのもいいね。


船場カリーの牛すじねぎカリー。
牛すじ、ねぎなど日本的なイメージ。

色が黒いのはイカ墨だそうで。
食べてみると、牛すじがやわらかくて、
口に含むととろけるよう。
色の微妙さに反して、まろやかで濃厚な
ちゃんとした欧風カレー。
でも、どこか日本のなつかしいカレーを
思い出させる感じ。
とろりとした濃厚なルーに、
しゃきしゃきのねぎの歯ざわり、
さっぱり感がいいね。


もっと食べたかったな。
今回食べた中で、私の好みで順位つけると。
まず、抜きん出てたのはハヌマーン。
かなり気に入りました。
あとの3つは、
木多郎、kingデリー、船場カリーの順かな。
これはそんなに差が無いかも。
スープカレーは意外に、インドカレー好きは
気に入りそうだと思った。
あとは好みの問題かなあ。
カレーとラーメンは本当に、
人によって好みが激しくわかれるので、
こればかりはなんともね。
とりあえず、混んでない時にでももっかい行きたいな。
今度は全店制覇頑張ります!


その2も後日UPするね。

| | コメント (2)

Dani California

Red Hot Chili Peppersの2枚組の新譜「Stadium Arcadium」
が今月10日に発売されます。
そのアルバムの1stシングルとして"Dani California"
がアルバムと同日発売になります。
(ちなみにこの曲は、実写版DEATH NOTEの主題歌)

先行してネットなどで配信されている同曲ですが、
これがとてもいい曲。
こことかで無料でPV見れますが、
それもかなりかっこいいのです!
ロック好きなら鳥肌ものかも。
オススメです
※上記のURLでの配信は終了しました。

旅先のネットカフェで聴きたくなり、
何度も見てしまったんで書いてみました。

そうそう、リンク先のPV見れるのは
期間限定なんでお早めに。

|

Father to son

28日「小さき勇者たち〜GAMERA〜」を観てきました。

ガメラシリーズ7年ぶりの新作です。
ガメラ、生誕40周年(ちなみにウルトラマンも)記念作品のようです。
平成シリーズでは、ゴジラを圧倒する評価を得ていたガメラですが、
今回もクオリティ高いです。

注)以下ネタバレあり


主人公の少年、透が卵から孵った小さな亀と
出会うことで始まるストーリー。
透は亀にトトと名づけ、お互い愛情を通わせていく。
しかし、急激に成長し、空も飛び始めるトトに、
幼馴染の麻衣は、トトはガメラではないかとの疑念を持つ。
直後、トトが失踪。
その後、怪獣ジーダスが出現、都市を破壊し、人間を捕食しはじめる。
透たちの危機に、大きく成長したトトが現れ応戦する。
トトはジーダスを撃退するも、自分も大きなダメージを負う。
トトは調査のため名古屋に運ばれ、幼馴染の麻衣は手術のため、
透らもトト、麻衣に渡したお守り(トトの卵の下にあった赤い石)
を追って名古屋へ。
そして、ジーダスもガメラを追って、名古屋に上陸する。


あらすじは概ねこんなとこです。
生まれたばかりのトトが可愛いんだよね。
そのトトを演じたのがケヅメリクガメなんです。
実際の亀がガメラ演じるのは初めての試み。
でもこれが大成功。
本当に可愛いので、嫌でも感情移入しちゃいます。
母親を亡くして、元気の無かった透がトトとの出会いで
元気を取り戻していく。
そして、大きくなって家で飼えなくなったトトを、
友達と秘密基地でかくまう。
昔のジュブナイルでよくある、
捨て犬をみんなで育てる子供達のようでした。
このあたりの描写が、後半のガメラと子供達との
絆をよりリアルに感じさせるものにしているんじゃないかな。
飼えなくなったトトをやむなく捨てに行く透、
その背中を必死で追いかける小さなトト。
このシーン、じーんときます。

今回、ガメラと敵対する怪獣、ジーダス。
ジーダスは、以前ガメラに倒されたギャオスの
遺伝子を持つ、トカゲ型の怪獣。
人間を捕食し、ガメラを倒すことがその遺伝子に
刻み込まれているって設定のよう。
とにかく、動物的。
人間を食い散らかし、ガメラを殺そうとするその姿は
本当に恐ろしいです。
怪獣を怖いなんて思うことは、滅多にないのだけど、
このジーダスは本当に怖い。
貪欲に人間を捕食し、狂ったように都市を破壊する場面は圧巻で、
近頃の怪獣映画にはなかったリアルさを感じました。
爬虫類の無感情な雰囲気だとか、生物の本能だとか。
とにかく、自分がもしそこにいたら、生き残れるかなとか、
自分をエサをして認識している巨大な生物の存在感だとか、
観ていて、そういう恐怖がわき上がってくる。
この怪獣の恐ろしさは、久しく忘れていたものだし、それに加え
怪獣も動物であるということを激しく認識。
これらは、自分も最近の怪獣もので欠けているものだと思っていました。
そういう意味では、ジーダスは「怪獣」というものに対する
一つの解答であると思います。
ただ、あれだけ暴れておきながら、本来の力を発揮したガメラに
あっさりやられてしまうところが、雑魚っぽくて情けなかったかな。
要は巨大な肉食動物は、その存在だけで都市を大パニックに陥れられるんだね。

今作は舞台の23年前、ガメラが人間を守るため、
自爆でギャオスを葬ったという背景がある。
ガメラは40年前に生誕した当初から人間に味方をする怪獣で、
その点では、人間の敵対者として描かれるゴジラとは対極にある。
何故、ガメラは人間の味方をするのか、
今までの作品で、その解答の試みはなされてきたが、
今作は、ガメラと子供達の絆を丁寧に描いたことで、
それが実感のこもったものとして機能しているように思う。
透が最後まで、ガメラを「トト」と呼び続ける。
しかし、ラストの場面、飛び去るガメラに「さようなら、ガメラ」
とつぶやく描写は、様々な意味がこめられていたと思う。
エンドロールでは、子供時代の可愛いトトの映像がよかったなあ。

今回のブログ、
ネタバレありと書きつつ、あまりネタバレしないように
書いたつもりなんで、奥歯にモノが挟まったような
書き方になっちゃったかも。
自分の解釈を多少入れたにせよ、それは映画を観て、
受け手としてそれぞれ感じて欲しい部分もあったので、
抽象的な感じになってしまいました。
それに、長くなってしまったかも。
そのへんは少し反省かな。
個人的に物足りない部分てのはあったけど、
いい作品だと思うし、面白いので、
よかったら観に行ってみてください。
怪獣映画を今まで観たことが無い方でも楽しめると思います。


おまけ
映画館が入ってるビルの中で食べた豚丼。

友人によると、これは偽豚丼だそう。
割とおいしかったけど、本物はどんなんだろ?

映画館でポップコーン買ったんだけど、量がとんでもないよ。
映画終わるまでに食べ終わらなかったんで、
箱?ごと袋に入れて家に持って帰りました。
でも、食べきれなかった人は多かったようで、
帰るとき、捨てられてるのを沢山見たよ。
残念です。
ちなみに、家に帰ったら、ポップコーンが、
バッグの中にぶちまけられていました。


小さき勇者たち〜GAMERA〜

| | コメント (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »