« Fortune Faded | トップページ | Some Kind of Monster »

too bad

ブログ、さっきまで別な内容書いていたのだけど
少し書きたいこと出来たので。
K-1GPオランダ大会やってましたね。
個人的に可でも不可でもなかった。
バンナvsレミーの判定がちょっとと思うくらい。

ただ、 これ が本当だとしたら最悪の大会。
TVでは、体調不良で欠場って言ってたね。
ホーストの国内引退試合であるはずの試合で、
因縁の相手と、ってことで楽しみにしてたのにな。
最近ネガティブな話題ばっかりだった彼だけど、
私は応援してた。
思うところあるけど、多く語るのはやめよう。

今後、この事件の真相が公になることはなさそうだけど、
彼の今後がさらに厳しくなったことは間違いない。
こういう声明発表されるってことは、
K-1はもう彼を守るのをやめたと考えられるし。
残念だ。
彼にかわって出場したアーツには賞賛の言葉しかない。



新日、K-1、PRIDEタブー大全 (2006)新日、K-1、PRIDEタブー大全 (2006)

宝島社 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« Fortune Faded | トップページ | Some Kind of Monster »

格闘技」カテゴリの記事

コメント

>遊・命さん

私も最近のK-1は微妙だと思ってます。
技術など、裏打ちの無い選手がやたら増えた気もするし。
元々そうだといえば身も蓋もないけど、単なるショウという感じで、競技性が失われてきてはいるかな。

彼は、実際格闘家とは未熟だったけど、昔はすごく強かった。
ハートの弱さが露呈したのと、対策が容易だったことで、今や苦手意識持つ選手は少なそうだけどね。
格闘素人が頑張ってる姿にも魅かれたと思う。
今回のこと、運営側からの発表のみだし、どうとも判断できないけど、ただ言えることは、これで彼はK-1でやっていくことは厳しくなったってこと。
ただでさえ崖っぷちって状況で、千載一遇の恵まれたカードだったのにね。
何故こういう結果になったかは分からないけど、残念だね。
あそこでアーツが出てくれなければ、大変だったね。
彼以外であの場でかわりに試合出るにふさわしい人他にいなかったと思うし。

この件は少し静観するかな。

投稿: ぴよこ | 2006年5月16日 (火) 03時34分

そうですね…

実際、最近K-1もな〜んか微妙〜な試合多くなってきましたしねぇ…

K-1初期の頃の“精彩さ”が失われつつある気がしますよね…(判定にもつれ込むことが悪いとは言いませんけれどね…)

私も“彼”は好きだったのでコレが事実だとすると本当に残念でなりません

…が、事実如何に関わらず最近のK-1の運営には疑問(疑念)が結構あります

正直なところ単なる思い違いであればそれに越したことはありませんけれど
現在のK-1は“リアルファイト”よりも
“パフォーマンス”に偏ってきてる気がするんですよね…(必ずしも“それ”が悪いとは限らないんですけど…)

それに“強さ”っていうのも“体格”とかに頼ったものになってきててる様に見えますしね…

…それでも“彼”のデビュー当時のファイトスタイルは大好きだったんですけどね…
賢しい事など一切考えず(そう見えた)ただ真っ直ぐに“全力でぶつかっていく”
馬鹿正直にただ一直線に突進していく
あのスタイルが好きだったんですけどね…

まぁ格闘技で“本当の勝負”が必ずしも華麗で精彩を放つ物とは限らないのも事実でしょうけどあんまり“打算的”だったり
“子供の喧嘩”みたいなのは…
辟易しますねぇ…

まぁ、ぴよこさんも仰ったように突然の事態にも応じて出場されたアーツ選手は素直に心から称賛出来る立派な選手ですね

投稿: 遊・命 | 2006年5月15日 (月) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Fortune Faded | トップページ | Some Kind of Monster »