« モルヒネ | トップページ | HALLOWED BE THY NAME »

Rearviewmirror

ポケモンダイヤモンド・パールの続報です。
発売まで、月一くらいのペースで情報出して
いくみたいですね。
多分コロコロ発売時期と連動での露出かと。
それと、映画やアニメでの発表もあるかもね。
楽しみです
では、今回発表されたことを軽く。
字の薄いところは私の感想とかです。

1.新たな舞台シンオウ地方の地形。
四方を海に囲まれ、中央に山脈が連なるとの解説、
全体図から、雪が積もっているのも確認できる。
北海道もしくは東北がやはり有力かと。

2.新たに詳細が明らかになったポケモンは2体。

ブイゼル
ぶんるい:うみイタチポケモン
タイプ:みず
とくせい:すいすい
たかさ:0.7m
おもさ:29.5kg
ルカリオ
ぶんるい:はどうポケモン
タイプ:かくとう・はがね
とくせい:せいしんりょくまたは???
たかさ:1.2m
おもさ:54.0kg

戦闘画面では、ブイゼルがこうそくいどう、
ルカリオがメタルクローを使用している。
劇場版アニメで、ルカリオが使っていた「波動球」は習得するのだろうか。

3.マナフィのとくせい、専用わざが明らかに。
とくせいは「うるおいボディ」。
天候が雨の場合に、状態以上を治すことが出来るよう。
専用わざ「ハートスワップ」はバトルに出ている
ポケモンの補助効果を入れ替えることが出来る。
特にダブルバトルで重宝しそう。

4.他に、戦闘画面上で確認出来るポケモンは5体。
ゴルダック、イシツブテ、バタフリー、ハッサム、ウパー。
今作では、オスメスの違いが外見でも現れるように。
バタフリーは、メスの下の2対の羽に斑点、
ハッサムはメスの方が腹部が大きい、
ウパーはオスの頭のひれが多いなど。
バタフリー、ハッサムはやせいで出現しないポケモンだが、
画面ではやせいの○○と出ている。
出るようになるのだろうか?


5.今回の博士は、ナナカマド博士。
白いひげに黒いコート、鋭い眼光が印象的。
進化の権威で、とてもこわいというウワサ。
博士によると、ポケモンの90%は進化するらしいが…。
90%ということは、恐らく今まで進化しなかった
ポケモンの進化前進化後が追加されてそう。
種類は500を超えるのだろうか?


6.ポケモンセンターに地下に続く階段が。
ポケモンコロシアムシリーズのように、他ハードに
ポケモンを移動させる装置があるのかも。


7.ポケモンずかんが2画面に。
おもさくらべ、なきごえあそび等が加わった。
2画面でタッチパネルを操作し、上画面で図鑑
が見れる様子。
ペンでダイヤルにタッチすることで、素早い検索が出来る。
ずかんの056はブイゼル。

8.ポケッチが新登場。
ポケモンウォッチの略。
機能は20種類以上、集めることで増えていくようだ。
戦闘でのタイプの相性チェック、時計、計算機、
育て屋さんに預けたポケモンのチェックなどの機能が判明。
計算機は答えに対応し、ポケモンの鳴き声がなるそう。
前作までの、ポケギアやバトルサーチャーの機能もありそう。

9.今回は時間の概念アリ。
DSの時計と連動して、朝、昼、夕方、夜、深夜に
フィールドが変化。
金銀のように、時間帯で出るポケモンが変わったり、
進化条件になっていたり、ありそう。



更新遅くなったけど、今回はこんなとこで。
楽しみです


ポケットモンスターオフィシャルサイト
フラッシュあり
フラッシュなし

|

« モルヒネ | トップページ | HALLOWED BE THY NAME »

ポケモン」カテゴリの記事

コメント

うんうん
やっぱポケモンて奥が深いみたいですよねぇ
そういうところも永く愛され続けてる理由の一つなんでしょうねぇ

ヘェ…
連動とかもあったんですか〜…
そういえばDCのゲームとかで連動してるのがあったような…(オラタンとかカプエスとかだったかな?)

甥っ子姪っ子とかそういうの知ってるのかな?

お互いゲームセンターに行く余裕とか欲しいですねぇ…

投稿: 遊・命 | 2006年7月 4日 (火) 23時38分

ポケモンてのは、登場する全てのモンスター、その辺にいるものだろうと、世界に一匹しかいないものだろうと、全て仲間に出来る可能性があるから、やっぱり敵モンスターという感じはしないんだよね。
しかも、同じ種類でも能力かぶることはまずないしね。
そういう意味では、本当に生き物のようです。
ポケモンの醍醐味に対人戦があるわけだけど、
ポケモンはタイプによって有利不利があったりするんで、絶対的に強いポケモンはそういないんだよね。
もちろん、ステータスの伸びがいいものは強いけど、弱点つかれると弱かったり、特性や技の持たせ方によっても違ってくるからね。
要は戦略次第。
それと愛情かな。
好きなポケモンを強くするのが楽しいかも。

GBAのモンスターゲートって、メダルゲームとの連動もあったみたいだね。
私も最近ゲーセン行かないからわからないや。

投稿: ぴよこ | 2006年7月 1日 (土) 12時48分

ふむふむ…
こういう“伝説”クラスのキャラやアイテムっていうのは
ゲームの世界観を彩る上でも魅力ですよねぇ

そして実際に“能力的”にも優秀で在りつつも
ごく普通のキャラやアイテムでも
“愛情”工夫次第でくぐり抜けていける

こういうバランスがまた魅力なんでしょうね

“強すぎ”ると“公式”に認められなくなるっていうのも
やっぱり大勢人の集まる“公の場”では致し方のない事なんでしょうねぇ…

かまどうま
けっこうでかいのもいますよね><\

あ…
モンスターゲートって元々メダルゲームだったんですか〜…
久しくゲームセンターとかにも行ってないから最近のゲームとかはさっぱり…><

メダルゲームといえば「ヤッターマン」とか結構好きだったかも…

投稿: 遊・命 | 2006年6月29日 (木) 19時08分

>遊・命さん

ルカリオは私は結構かっこいいかと思うよ。
なんか外見は青っぽい犬みたいな?
映画では人情に厚い感じだった。
タイプからするとおそらく、物理攻撃に特化したインファイター。
多分伝説のポケモンだね。
今までの感じからすると、多分ステータス的に上位から3〜5番目クラスだと予想。
(伝説の鳥、金銀の3匹、ラティクラスかな?)
強いと思うけど、ポケモンは愛を持って育てれば、工夫次第でそのへんにいる珍しくないポケモンが、伝説のポケモンに勝つことも可能だしね。
あんまし強かったら公式では禁止になるだろうけど。
カマドウマはでかいやつは、なんか中身詰まってそうで怖いよね><
モンスターゲートて、ゲーセンのメダルゲームかな?
GBAでも出てたんだね。
同じ内容なのかな。

投稿: ぴよこ | 2006年6月26日 (月) 04時41分

ルカリオってやっぱ格好いいんでしょうねぇ
それに映画の主役張るくらいですし
強いんでしょうねぇ

当然レアリティも高いんでしょうし…
禁忌は出るでしょうねぇ…

そっか!
ナナカマドは植物でしたっけ…><\

かまどうまは知ってたんですけどねぇ…><\

…で…
甥っ子姪っ子のやってたゲームですが…
「ゲット」ではなく
『モンスターゲート』らしいです><\

ど〜もコナミの出したGBAのRPGらしいですけど…

甥っ子の発音というか滑舌の悪さ故に
「ゲット」に聞こえて勘違いしてたようです><\

投稿: 遊・命 | 2006年6月24日 (土) 18時25分

>遊・命さん

ルカリオは昨年の映画の主役ポケモンだたよ。
今作で初登場です。
結構人気あるみたい。

ナナカマドは植物だよ。
ポケモンの博士は、植物の名前なんだよ。
オーキド、ウツギ、オダマキとかね。
多分、虫はカマドウマのことかと…。
通称ベ○ジョコオロギてやつね><

モンスターゲットは知らないです。
ぐぐってみたけど、それらしいの見つからなかった。
どういうやつなんです?

投稿: ぴよこ | 2006年6月24日 (土) 03時07分

ん〜…
ルカリオは映画にもなったようですし
名前とかは知ってるかも…

む〜…
ナナカマドって言う名前は聞き覚えあるかも…
はて…?

虫…でしたっけ…?><\

そういえば甥っ子姪っ子が『モンスターゲット』なるゲームをやってるらしいんですけど
ご存知ですか?

投稿: 遊・命 | 2006年6月23日 (金) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モルヒネ | トップページ | HALLOWED BE THY NAME »