« AM I EVIL | トップページ | PMA (Positive Mental Attitude) »

Still I'm Sad

前回に続き、またメタルの話です。
多分またくどくなるけど、ご勘弁を。

私がメタル以外でよく聴く音楽が出来たのは、
おそらく大学進学のために上京したあたりでしょうか。
話は大分飛びますが、私は中学〜高校の期間、
まともにTVを見てた記憶があまり無いんですね。
中学の頃は、運動部と文化部の掛け持ちして、
帰り遅かったですし、食事、入浴の後は勉強の時間でした。
習い事のある日もあったんで、TVはほとんど無理でした。
また、高校時代は実家を離れて、TVの無い部屋で暮らして
いたので、やはりTVは見ていませんでした。
(といっても、TV見れなくても隠れて漫画とか読んでいたので、
それほど沢山勉強してたとは言えないかもですが…。)
だから私がTVを普通に見るようになったのは、大学に
入ってからなんですね。
でまあ、上京以前は興味あることは雑誌などで見ますけど、
やはり何が流行っているかとか、わからなくなっていくんですよ。
ネットが普及してきたのがここ数年っていう地域でもあったし、
情報も手に入れにくくてね。
(といっても、私がネットはじめたのはPSOに出会ってからでしたが)
そういうことも手伝って、音楽に関してもあまり世間で売れているもの
に興味が無くなっていったのだと思います。
今でも、何が売れているかは知っていてもあまり興味はないかもです。

そうですね。
それだけではなく、やはり私は人と違うことをするのが、好きだったの
かもしれないですね。
というか、同じことをするのが嫌いだったのかな。
当時はそれが信念のつもりでしたけど、多分その時期特有の感情も
手伝ってたんでしょうね。
今でもその辺のひねたところは残っていると思います。
私がいわゆるメタル以外に好きな音楽が出来たのは、前述のとおり、
おそらく上京したことや、TVの影響が大きいと思います。
大学に入ったばかりの頃、好きな音楽の話で引かれたことや、
今まで買えなかったメタルのCDを聴きまくって、食傷気味だったと
いうこともあって、徐々に他のものも聴くようになったのかな。
これは急にこうなったわけではないんで、よくわからないです。
上京前でもルナシーとかバクチク好きだった時期もあるんで、
いわゆるメタルじゃなければ駄目ってわけでもなかったんですかね。
頭ではメタルじゃなければ駄目だと思っていたかもですけど。
でも、やはり重めのものを好むのは今も変わらないのかな。
うーん…、何か自問自答気味になりました。
メタルの話に戻しますね。
大学に入ったばかりの時期はかなり辛かったと記憶しています。
何が辛かったかは、わからないですけどね。
思い出せないというより、何から何まで辛かったんで
あげたらきりがないというか。
そういう時期に、普段聴くメタルと違うものが心地よく感じる
ことがありました。
今でもそうだけど、その時に聴きたいものが無い時は、
探してでも聴くって感じで、少しでも興味あるものに手を
つけまくったりね。
この時期に好きになって、今でも好きなものは沢山ありますよ。
山崎まさよし、中村一義、椎名林檎、ブラフマン、イースタンユースとかね。
広義でいえばメタルなのかもしれないけど、 レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが大好きになったのもこの頃でした。
とはいうもののですね。
当時ほど全肯定ではないにしろ、メタルは今でも好きですし、
メタルではない音楽にも、メタル的な部分を感じ取っていたってのは
きっとあると思いますね。
メタル的ってのは、本当に曖昧ですけどね。
ロック的とどこが違うんだ?って言われても難しいですし。
思うに、自分の好みにジャンル分けがあまり意味をなさなくなった
ていうのがひとつ。
それと、メタルとかロックは音楽に違いないですけど、思想的な
側面を持って語られること多いですよね。
音楽が気に入るってのは第一ですけど、それらの内包する精神的な面
にも私は魅せられたんでしょうね。
変な結論ですけど。

少し前に、テレ東で"ヘビメタさん"て番組やってました。
今はほぼ同じキャストでROCK FUJIYAMAって番組やってますね。
そういうあたりからも分かるように、昨年あたりから日本でも
メタルがまた人気出てきてるようなんですね。
(メタルであるのに、イメージの悪さからそう呼ばない
売り出し方してるバンドもありましたが、それは置いておく)
ヘビメタってのは勿論、ヘヴィ・メタルの略です。
かつては、メタルの蔑称として使われたこともあるんで、
こう呼ぶの嫌うファンもいるようですけどね。
でまあ、ヘビメタさんですけど、いい番組でしたよ。
面白かった。
元メガデスのマーティ・フリードマンらが出てました。
彼、日本語うまいし、メタルにも、それ以外の音楽にも
詳しいですね。
番組はバラエティ色強くて、笑える部分多かったですけど、
メタルって本来そういう楽しみ方でいいと思うんですよ。
というか、音楽全般にいえることですけど、メタルは特に
構えて聴いているような人多いようなんですよ。
楽しみ方はそれぞれだけど、そうであるからこそ、
愛しているからこそ、笑い飛ばせるくらいの余裕は欲しいと思う。
程度はあるだろうけど。
うん。
まとまらないけど、私このヘビメタさんの本を少し前に買ってね。
色々自分の気持ちを再確認したり、妙に合点がいったりしたんですよ。
ヘビメタは何かって質問でね。
マーティの「一番エクストリームになりたい」って気持ちだったり
ROLLYの「真面目じゃないとあんなバカなことは出来ない」とか
久武氏のノイローゼだと自分で言う、青春時代のメタルとの接し方、
「純粋にこの音楽が大好きで、やってやってやりまくって格好つけて
るんだけど、どこか面白くてどこか間抜けで」というメタル観だとか、
すごく共感できたんですね。
自分がメタル好きな理由分かったというか。
再確認かな。
色々前述したようなこと、思い出したりね。
書こうとは思ってて、かなり遅くなったんだけど…。

というわけで?もしメタル好きになって、そして何年かしたら、
私の書いてたこと、少し思い出してみて。
多分、この気持ち分かると思う。
とっちらかった文で申し訳ないけど、こんなとこで。
今、こんな映画もやってるんで、よかったらどうぞ。
思うまま書いたんでよくわからなくなったけど、大体書きたいこと
書けました。
うん、今はこれで。


ヘビメタさんヘビメタさん
スローガン

アスペクト 2006-03
売り上げランキング : 124400

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« AM I EVIL | トップページ | PMA (Positive Mental Attitude) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

そうですね
自分が嫌いだからって誰かがその何かが好きだっていう事を侮辱するのは
失礼ですよね

コレは頂けません

何だかんだ綺麗事いったって私にだって嫌いな事、物はありますし
必ずしも“理由”や“理屈”がある訳ではないんですよね

そういう“嫌い”だっていうのを一方的に押しつける行為はやっぱりいけませんねぇ…

まぁ、さすがに公の場で堂々と「○○が好き〜!!」って大声で言えない物だってあるでしょうけれどねぇ…(^^;

そういう“公序良俗”は弁えた上で
「好き」っていう事は大切にしていって欲しいですねぇ

自分自身で本当に「好き」だっていえる物誰しも持ち続けて欲しいですね

投稿: 遊・命 | 2006年7月23日 (日) 01時00分

>遊・命さん

そうだねえ。
最近、某掲示板の食べ物のスレ見る機会あったんだけど、「○○うまいなんていうやつは××」みたいな言葉(煽り?)よく見かけてね。
自分が嫌いなものを誰かが好きだからって、そう言えるようになったらダメだと思うね。
最低思っても言わないことだよ。
まあ、ネットで声大きい人ってのはいるとは思うけど。

好きなことは、ある程度は堂々と出していっていいと思うよ。
公序良俗に反しない限りはね。
でもまあ、好きなものを好きというのも、嫌いなものを嫌いというのも、難しいのかもしれないね。
何が好きかわからない人も、今少なくないのかもしれないし。
でも色んな好きがあるし、それはそれでいいのかなあ。

投稿: ぴよこ | 2006年7月22日 (土) 19時14分

あう…?(^^;
また誤字が…><。
締まらないなぁ…><

×理由泣く
○理由無く

です…
まぁ…お分かり頂けることでしょうが一応念のため…><\

投稿: 遊・命 | 2006年7月20日 (木) 19時39分

人が大切にしている、思っている物、事
場合によってはその人自身を傷つけてしまいかねない
「嫌い」っていう言葉はあまり理由泣く表に出すべきではないと思いますけれど
「好き」っていう思いはいつどのような時でも
素晴らしいですよね

自分自身が本当に何を考えているのか判らないっていうのは怖いことですよね…

でも私も或る意味ではソレと近い状況にあるような気もします…
少し怖いですね…

私の場合“好きなこと”“やりたいこと”は自分の中で押し込めてしまってる部分が大きかったですからねぇ…

仰る通り程度はあれど
やはり自分自身の価値観を大切にしていきたいですね

投稿: 遊・命 | 2006年7月20日 (木) 19時34分

>遊・命さん

そうだねえ。
好きなことを好きというのは、いいことですよ。
世間的に眉をひそめられるものってのはどの時代もあるかもだけどね。
時に嫌いなことを主張しなければいけない場合もあるかもしれないけど、人が好きだと分かってるものを「だせぇ」とか言うのはダメだね。
メタル好きだったり、ゲーム好きだったりする私はそういう体験よくありますね。
その「だせぇ」も大した理由じゃなく、世間がそう言ってるからとか、異性にもてなそうな趣味だな、とかそういう理由で言ってる場合が多いとは思うけどね。
自分の好きなものにくらい、拘らなくてどうするってくらいに思うんだけどね。
実際、私が大学に入って驚いたことって、自分の好きなこと、やりたいことが分からなくて、探したいって人が多いことでした。
やりたいこと、将来のこと考えるって意味では難しいかもだけど、今自分が何が好きで、何をしていいか分からないって人が多いのにびっくりした。
そういう人って実際今までにもいたのかもしれないけど、そういう人に立て続けに会って、カルチャーショックというか、結構な衝撃を受けたのでした。
だからじゃないけど、やっぱり自分の価値観大事にするのは、やっぱし悪くないことだよね。
程度の問題はあるけどね。

投稿: ぴよこ | 2006年7月18日 (火) 08時02分

本来“好き”“嫌い”な事って
本当は“理由”も“理屈”も無いものだと思うんですよね

“感性”っていうのか
“本能”っていうのか…

ソレは“その人自身”が“感じたまま”が全てだと思いますし…

どんな事、物にしろ
“本当に好き”な事、物っていうのは
素晴らしいことですよね

ソレは他の誰が認めなくても誇りに思っても良いんじゃないでしょうか

理由無き嫌悪は表に出すべきではないと思いますけれど
「好き」な物、事を「好き」という事は
何であれ大切なことな気がします

投稿: 遊・命 | 2006年7月16日 (日) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AM I EVIL | トップページ | PMA (Positive Mental Attitude) »