« LIBERTAD | トップページ | かなしいずぼん »

犬と猫

劇場版ポケットモンスター『ディアルガvsパルキアvsダークライ』観てきました。

ネタバレあり・毒あり





ここ何年かは、映画の前売りで通常入手不可のポケモンが手に入るので
毎年観にいってますね。
去年のマナフィは行かなかったけど、ジラーチ、デオキシス、ミュウは
劇場前売り買って手に入れましたね。
前売り特典の話が長くなっちゃって申し訳ないけど、もう少しね。
今年は、前売りでデオキシス、劇場でダークライが手に入るので
結構話題になってましたね。
デオキシスは2体目だけど、このポケモンは複数いても使い道
困らないからいいかもね。
といっても、伝説のポケモンてあまり対戦では使わないし、育てないから
コレクションみたいなものかも。

前置き長くなりました。
では、映画の感想でも。
結論からいうと、今回のは結構楽しめましたね。
毎回、かゆいところにもう少しで手が届かないって感じの印象があったんだけど、今回はそれほど気にならなかったな。
ポケモンのアニメはTV版より劇場版の方が割と好きではあるんだよね。
ポケモンの描写が生き物っぽかったり、映像がきれいだったりね。
TV版に比べてメッセージ性あるし。
いつもは、メッセージに関していえば、消化不良というか、
反面妙に露骨というか、そういう印象があって、もったいないなーって
思ったりしてたんだけどね。
ただ、メインのターゲットは子供だしね。
主人公のサトシがよく言えば少年主人公の王道、別な言い方すれば、
わかりやすすぎる、ひねりのないキャラだってのがそれらの一因じゃない
かと思うけど。
で、今回は逆にサトシがいつもより活躍しなかったのが、観てて
あまり気にならなかった理由なのかとも思ったのでした。

パルキア・ディアルガの戦闘シーンはよかったね。
ただ、あの2体は1作目からやっている自分の目から見て、
全然ポケモンぽいデザインだとは思えないし、好きかと
言われたら、答えがたいですね。
今回の映画観ても、この2体が戦ってるシーンは、出来云々以前に
ポケモンっぽくないなって思ってました。
迫力はあったけど、この2匹のほとんど怪獣的な暴れ方や、
力を誇示する以外のキャラ付けが表面的に出てないこともあって、
少なくても私は、魅力あるキャラには見えなかったですね。
元々好きではないから、余計そう見えたのかもだけど。

他のポケモンの描写、とてもいいですね。
これはTV版より特に優れてると思う点。
予算や時間の都合上のものがほとんどだと思うけど、沢山出てくる
ポケモンが自然に溶け込んでて、本当に生き生きしてるね。
細かい点ではビーダルの脱力具合がよく出てたのが微妙にうれしかったり。
エルレイドは動いてるの見て、思ってたよりかっこよくないな
って逆に思ったけどね。
グレッグルも地味に活躍してましたね。
TVアニメではまず出てこない近接戦闘を見事こなしてたり。
寝てたヤミカラスは特性が「ふみん」じゃないんだねとか。
TVでは、スタッフがポケモンのゲームあまり理解してないって部分
多いんだけど、劇場版ではその辺の歪みは少ないね。
ツッコミは0じゃないけど、及第点かな。

ダークライも、映画観てから少し好きになったかな。
といっても、ダークライをはじめ、去年の段階で
入手不可能だったポケモンについては、マナーの悪い子供と、
マナーの悪い子供みたいな大人のせいでイメージは自分の中で
かなり悪くて、それは今後も払拭できないかな。
脱線するけど、前売り特典とかでリアルマネーが関わる配布系
ポケモンを何体も持ってて、人にあげまくってる人や、それを
怪しいと知りつつ欲しがっている子供(みたいな大人含む)には、
この映画のメッセージは届くんですかね。
某ゲーム雑誌の調子に乗った編集者みたいに「ジャミラから学んだもの
はウルトラマンの手から水が出ることだけ」みたいなつまらない感想しか
受けないのかなって思ったりもする。
勿論私の想像ですけどね。

まあ、脱線しすぎちゃってあれだけど、上記に加えて、
6VとかLV100色違い、あげます&くださいっていう人たち。
どういう人かリアルでは知らないけど、例えばこの映画観て
何か思うこととかあったりするのかな。
不正しても楽しければいいってとかや、友達を疑いたくないから信じる、
信用できる人からもらっただとか、そういう意見?はネットゲーム何年も
してきたのでもう飽きるくらい聞きましたねえ。
ポケモンもネット対応になって、さらにそういうの実感したりね。
言っても不毛ではあるとは思うけど、大好きものを侮辱された気持ち
あるのは事実でね。
でも、いいですよそれは。
ポケモンに関して言えば、そういう人と遊ばなければいいし、
見てるだけなら、痛々しいだけで実害は無いですしね。

すみません。
久々に毒が出ましたね。
ともかく、映画楽しめましたよ。
ダークライも有難く頂戴したし、劇場も思ったより混んでなくて
騒ぐ子供はあまりいなくて快適でしたし。
欲しいグッズが手に入らなかったのは残念ではあったかな。

ポケモン映画も10周年てことで、GB版からずっと遊んでる自分に
とってはうれしいことですね。
今後ポケモンがどうなっていくかはわからないけど、しばらくは
応援していくかと思います。
情の無い言い方に聞こえるかもだけど、勿論ポケモンは
好きですし、楽しめる限りはサポートしていきますよ。
ポケモン金銀のあとに急激に飽きたこともあっても、
その後また好きになって遊んでますしね。
腐れ縁にみたいなものなのかもです。

映画の感想のつもりが、青年の主張「私とポケモン」みたいに
感じになってしまいましたね。
今回も計画性皆無の展開になりましたが、ご容赦ください
<そのほかのおはなし>
帰りに同じ建物でやってた、子犬、子猫即売会をのぞいてきました。
子犬ってなんであんなに可愛いんだろう…
ミニチュアダックスの子犬を抱かせてもらいました。
柔らかくて温かかった。
おとなしくて可愛い子でした。
服は洗わなくちゃならなくなったけど、でも本当に可愛かったなあ。
毛とかふさふさで、うちのジョン(犬)の子犬の頃思い出しちゃった。

少し大きくなって、安売りされている犬もいました。
そこのパグ犬は、愛嬌があって人懐こくて、多分買い手がすぐつくと
思います。
いい子だった。
そこにいたゴールデンレトリバー、体がもう大きくなりはじめてて、
価格が一万円まで値下げされてました。(他の犬の約10分の一以下)
愛想もあまりよくなくて、あまり人になつかない感じだった。
正直、私はその子にエラク親近感覚えてしまって、買って帰ろうか
ぐらつきました。
でも、私の部屋はペット禁止だし、実家にはジョン(犬)もいるし
さすがに無理だよね。
大きくなる犬だし、今はとても飼えない。
飼っても幸せにできないと思う。
そのレトリバー、誰かいい人に飼ってもらえればいいなあ。
愛想はよくないけど、寝てる姿は可愛いね。
もっと見ていたかったけど、離れるのが辛くなるので帰って来たよ。
隣のパグも困った顔で見てたので、幸せになってほしいなあ。


|

« LIBERTAD | トップページ | かなしいずぼん »

ポケモン」カテゴリの記事

コメント

>遊・命さん

ペットショップとかで子犬を見て、すごく情が移ってしまい、もうこの子と人生において交わることがないのかと思ったりして、やたら切なくなったりするんだよね。
本当に、その度に家に連れ帰ってたらエライことになるし、お互いのためによくないのは知ってるからね。
そもそも不可能だし。
自分の家で生まれた子犬を里子に出す時も、もう会えなくなるのかって悲しくなったりしたなあ。
これかいてて、子供の時に飼ってたアヒルのピッピのこと思い出しちゃったよ。
縁日で知り合いのおじさんが買ってきたひよこだったんだけど、大きくなってアヒルになって飼えなくなっちゃったのね。
ひよこの時から遊んでたから、すごく仲良しだったんだけど、当時住んでた家では飼えなくなっちゃったんだよね。
スペースの都合だったり、飲食店だったりって都合で。
当時はそういうのわかんなくて、凄い泣いたなあ。
結局ピッピは、ため池のある知り合いの家に引き取られました。
何回か会いにいったけど、そのうちあまり会いにいけなくなってしまってねえ。
なんかしみじみしちゃうな
ポケモンは、すごく人気ある作品で、沢山の人が遊んでいるわけです。
でまあ、色んな人がいて、色んな遊び方あって然りなんだけどね。
私は、人と遊ぶ以上インチキするのは好まないかな。
少なくとも私はそういう人と遊びたくないし。
物凄く主観だけど、ポケモンはよく出来てるゲームだと思う。
作り手が何か伝えたくて作ってるっていうのが、私にはひしひしと感じるわけですよ。
親が職人なせいもあるかもだけど、作り手の思いのつまった作品が、思い入れの無い使い方されるの見るのって悲しいんだよ。
金払った以上、好きにする権利はあるってのもまた真かもしれないけどね。
脱線したけどこんな感じです。
飲食店で働いてた時に、食べ残しがあまりにも多いことに対し、いつまでたっても慣れなかったりね。
デリケートな問題ではあるけど、正しい正しくないではなく、好き嫌いでこたえるなら、食べ物粗末にするのも、金払ったんだからいいだろってのも、ゲームでズルするのも、私は嫌いだってことですね。

投稿: ぴよこ | 2007年8月10日 (金) 01時15分

くああぁ
分かる…わかるなぁ…

私も基本動物とか好きな人で
かわいいの見ちゃうと
も〜
たまらなく一緒に暮らしたくなっちゃったりするんですけどね…

でも正直面倒くさがりやで怠け者の私なんかが誰かを“幸せ”になんて出来ると思えないし
やっぱり残念だけど諦めるしかないんですよねぇ…

そういう時にはやっぱり同じく「誰かいい人に遇えたらいいけど…」と後ろ髪を引かれる思いだったりするんですよねぇ…

ポケモン関連は…
言いたい事やっぱり分かる気がするんですよねぇ…

そしてマナーの悪い人達…
自分自身気をつけてたつもりではありますけれど誰かに不快な思いをさせたりしたことは
皆無ではなかったと思いますし
反省すべき事も多く
正直耳に痛いといいますか目に痛いといいますか…

レビューやコメントとかとてもよくできてると思います
苦言が出てしまうのも“愛”があるからこそと思いますし…

私は“もし手を出したら”また今まで以上に時間がなくなりそうなんで
やっぱりプレイするのはやめておこうと思っていますが><

クリエイターにもファンにもこれからもずっと愛され続ける作品であって欲しいですね

投稿: 遊・命 | 2007年8月 8日 (水) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIBERTAD | トップページ | かなしいずぼん »