« 絵画教室 | トップページ | 式日 »

Holy Diver

映画、ゲゲゲの鬼太郎千年呪い歌を観ました。



感想は以下で(注:ネタバレあり)





結論からいうと、面白かったです。

まず、前作から大きくかわったという点は、にぎやかさとストーリーでしょうか。
今作は妖怪出しまくりのお祭りって感じは抑え目になってましたね。
ストーリー面では、前作が原作に割と忠実だったのと比較すると、今作はシリアスな面もあり、それほど原作を意識させない内容でした。

例えば、葛藤する鬼太郎は珍しいかもしれません。
鬼太郎は自分たちの祖先の幽霊族を滅ぼしたのが人間であるということを知り、ショックを受けます。
ウルトラマンなどでも「人間は本当に守る価値があるのか」という問いかけはよく出てきます。
命をかけて守る価値のある存在なのか…。
自分が彼らの立場なら、価値は無いって結論を出すかもしれないですね。
自分が基本的に人間嫌いな部分があるからってのも大きいですけど。
ただ、実際に人間を守れるだけの力を持っていて、それができるのは自分だけという立場に立たされた場合、やっぱり価値が無いと知りつつ、守ってしまうかもしれないですね。
まあ、今回の鬼太郎もそうですがヒーローは葛藤はしつつも、人間は価値のないものとは結論づけないですよね。
それは、正義の味方としては正しいかもしれないです。
同時にその選択を迫られる時、人間に絶望してしまう敵対者にも自分は魅力感じますけどね。

それと、やっぱりキャラが魅力的ですね。
目玉おやじ、ねずみ男、猫娘、こなき爺、砂かけ婆などおなじみのキャラは大活躍でした。
前作ほど、ゲスト芸能人を沢山使っていないようでしたし、その分彼らにスポットが当たった部分はあるでしょうね。
一反木綿、塗り壁の出番があまり無かったのは残念かな。
なにより感じたのは今回、悪役がすごく良かったですねえ。
緒方拳さんのぬらりひょん、かっこいいです。
今のアニメのぬらりひょんのデザインにはイマイチなじめないですけど、この映画のぬらりひょんはばっちりイメージどおりでした。
鬼太郎に、価値の無い人間を守るのをやめて自分と来るように迫るシーン、濡れ女を人間にするという約束を破って「知らん」と平気でとぼけるふてぶてしさだとか、良かったですねえ。
悪の大物としての存在感が感じられるぬらりひょんでした。
ソ・ジソブさん演じる、クールな刺客、夜叉も良かったです。
一言もしゃべらないんですけど、存在感ありましたね。
鬼太郎とのバトルも殺陣の出来が良くて、わくわくしつつ観賞しました。
佐野史郎さんの蛇骨婆は胡散臭さがよく出ていました。
砂かけとの婆キャラ対決が最大の見せ場ですね。
ただ、北乃きいさん演じるヒロインはあまり魅力的に思えなかったですね。
年頃の女の子らしいキャラなのかもですが、ステレオタイプのヒロインという以上の印象は感じませんでした。
ゲストでは中川翔子さんが思っていたより出番多かったです。
目玉おやじや猫娘とのからみもありましたし、役割的にもいい活躍してたと思います。
京極夏彦氏もほんのちょっとだけ出てたんですね。
重要な役ですが、数秒の登場なので気づきませんでした。


以上を踏まえると原作に忠実であることの良し悪しは別にして、一本の作品として楽ませるという面で前作より洗練されていたと感じました。
鬼太郎って、人によって持っている鬼太郎像が違うとは思うんですが、劇場版は原作ファンもアニメファンも楽しめる作りになってたんじゃないかなと思います。
パンフで京極氏も言ってますけど、それが水木マジックなのかもですね。
そうそう、私のトラウマ、鬼太郎誕生のシーンがあったのは密かにうれしかったです。

作品の要素として大事なことには全然触れてない感想になってしまいました。
まあ、こんなことを感じたということをつらつら書いてみましたよ。

|

« 絵画教室 | トップページ | 式日 »

」カテゴリの記事

映画とか」カテゴリの記事

コメント

BlogPetのミクラス

色んな説明が出来ると思うけど、仕組みとしては確かに無いとはいえないんだろうなあ。

投稿: ぴよこ | 2008年7月23日 (水) 03時29分

呪いってなに?

投稿: BlogPetのミクラス | 2008年7月22日 (火) 14時33分

>mutuhaさん

こんばんはー。
少し前に観にいってたんですが、書くのが遅れてしまいました。
鬼太郎誕生のシーンありましたね。
原作よりはグロくはなかったですけど、よく出来ていましたし、このシーンがあったのはうれしかったです。
緒方拳さん、さすが大御所だけあってすごい存在感がありました。
次回作もあるなら是非また出て欲しいです。
京極氏も出てましたね。
重要な役でしたが、登場シーンが短く、メイクもしていたんで見た時は気づかなかったです。
しょこたんは、ゲスト妖怪ですが活躍していた思いますよ。
出演シーンが多いわけではないんですが、いいキャラだったんではないでしょうか。
なかなかオススメです。

投稿: ぴよこ | 2008年7月21日 (月) 22時06分

ぴよこさんこんばんは☆

おおおっ!!
見てきましたか〜!!
ぴよこさんのトラウマシーン、鬼太郎誕生の時。
ありましたか!!
びっくり☆どんな感じか気になりますw

緒方拳さんのぬらりひょんかぁ〜!!
イメージ通りだと聞いて安心w
京極さん出てたんですか!!
そこが一番びっくりしたっ(@@)!!
しょこたんも出番多かったんですねw
嬉しい^^
早く見に行きたいですw

投稿: mutuha | 2008年7月21日 (月) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絵画教室 | トップページ | 式日 »