« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

sleepwalker

今日はポケモンのオフに行って、先ほど帰宅しました。

んで、なんとなく疲れたような気もして、寝ようかと思ったんですが、
眠れない上にテンションが変な方向なんで何か少し書こうと思います。
ちなみにポケオフについては、明日以降に何かしら書くかもしれないです。

続きを読む "sleepwalker"

| | コメント (6)

Kirisute Gomen

9月23日開催のDREAM6を地上波で見ました。

DREAM5が良かったし、今回も楽しみなカードあったんで期待はしてたんですが…。
次に繋がるという意味ではいい興業なのかもしれないですが、DREAM、K-1含め格闘技は地上波放送をはじめ、ブームが縮小してるので、次に期待とはもう言っていられないと思います。
そういう意味でも、この興業は失敗だったと自分は思ってます。
何より、楽しめませんでした。

あまり感じるものは無かったんですが、いくつか思ったこともあるんで、追記で軽く感想でも。


※結構ボロクソ言ってるんで、読み進める場合、その辺はご留意ください。


続きを読む "Kirisute Gomen"

| | コメント (6)

Game Is On

先日、クラブニンテンドーのポイント交換で申し込んだ
GAME & WATCH COLLECTION 2が届きました。


こちらは裏面。

懐かしのゲーム&ウォッチの作品がDSで遊べるソフトです。
今回の収録作品は「PARACHUTE」、「OCTOPUS」と
DSアレンジタイトルの「PARACHUTE×OCTOPUS」です。

昔の作品なんで、非常にシンプルなんですが、
なかなか中毒性があります。

続きを読む "Game Is On"

| | コメント (3)

Horrorscope

夏も終わりですね。
この夏、結構怪談などを読んだ気がするんで、軽く総括してみようかと思います。



=====怪談・ホラー系=====


怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集
/安曇潤平,岩井志麻子,加門七海,木原浩勝,京極夏彦,小池壮彦,立原透耶,中山市朗,平山夢明,福澤徹三(メディアファクトリー)

豪華作家陣の参加した怪談アンソロジーですね。
一部の人のものを除いて、いい作品が多かったですよ。
角川ホラー文庫でもよくこういうの出しますけど、作家の豪華さと怪談に特化したという意味では、こちらのアンソロに軍配が上がるかと。



てのひら怪談 百怪繚乱篇―ビーケーワン怪談大賞傑作選(ポプラ社)

今話題になっている投稿型の創作怪談集です。
様々な作風のものが読めるのがいい点ともいえますが、短い作品が沢山載っていて、作者によって文体が違うので、若干読み進めづらいです。
品質がまちまちなのもちょっと。
面白い話もありましたが、世間の評価とは逆に、私はそれほど楽しめませんでした。



隣之怪 蔵の中
/木原浩勝(メディアファクトリー)

新耳袋の作者の一人、木原氏による新作怪談です。
これがシリーズの第二弾ですね。
新耳袋は大好きだったんですが、これはちょっと不完全燃焼な印象を受けました。
文の組み立て方がまずくて怖さが半減してるかな、ってのと話自体あまり感じるものがなかった気がします。



九十九怪談 第一夜
/木原 浩勝(角川グループパブリッシング)

上記同様、木原氏による怪談です。
こちらは、より新耳袋を意識したつくりに感じました。
そのせいか、上記作品と比べ、非常に面白く読みました。
99(+1話)の怪談が掲載されていて、一晩で読むと自分の中で百物語が完成するというのも、新耳袋を踏襲してますね。
一夜完読すると怪が訪れるといわれるこのシリーズですが、自分にはまだ訪れてないですね。
今回の場合、読み終わったあと、夕食時に弟を呼びに行ったら横たわってて、「もしや、死んでる!?」とびびったものですが、単に寝ていただけでした。



恐怖箱 蛇苺
/つくね 乱蔵,深澤 夜,原田 空(竹書房)

一般参加の実話怪談グランプリである超-1からデビューした3人による怪談です。
クオリティは高いと思うんですが、超怖い話シリーズの影響が強く、目当たらしい部分があまり感じられなかったです。
印象にあまり残っているものは無かった気がします。
この傾向が必ずしも悪いとは思わないですけど、最近竹書房は、超怖い話での成功に味をしめたのか、怪談を出しすぎのような気がする。
自分はほぼ読んでいて、それほど酷いと思うのも無いんですが、小さくまとまっちゃってるなあっていう感じはします。



「超」怖い話M(ミュー)
/平山 夢明(竹書房)

長年、超怖い話のメインライターだった平山氏のこのシリーズ最終作です。
共著者は上記のものは別の超-1デビュー作家。
平山氏といえば、グロい表現が一つの売りだったりするんですけど、数多く読むとそれだけじゃないんですよね。
最近、やや増えてきたような気がする、不条理な話とか、ちょっと不思議な話も好きだったりします。
共著者の二人は、平山氏におそらく影響を受けていると思いますが、まだその域には達していないかなと思ってます。



怖い本 8
/平山 夢明(角川春樹事務所)

上記、平山氏の別シリーズです。
こちらは続いていくみたいなんで、なにより。
平山氏の作品といえば、罰当たりな人とか、馬鹿で有名な奴って表現の人がよく出てきて、酷い目にあったりするんですよね。
おっ、今回も馬鹿で有名なキャラが出てきたって密かに楽しみにしてます。
ただ、作者本人も結構罰当たりな行為をしていて、一時体調やばかったらしいんですが、今は大丈夫なんでしょうか。



夜市
/恒川 光太郎(角川グループパブリッシング)

ホラー大賞を受賞した小説ですね。
ホラーというと、リングとかそういうのを思い浮かべる人も多いと思います。
でもこの作品の特徴はは、不思議な異世界の住人が出てきたり、日本の情緒を感じられる雰囲気づくりだったり、おとぎ話的な怖さというんでしょうか。
幼少の頃に夜市に迷い込んだ主人公は、弟と引き換えに野球の才能を買います。
大人になった主人公はそのことが心に残っており、再度夜市に迷い込むというのがあらすじです。
怖さというより、悲しさや寂しさが特に心に響く作品でした。
同時収録の「風の古道」もとてもいい作品でした。



幽談
/京極夏彦(メディアファクトリー)

妖怪小説家として有名な京極氏による怪談本です。
滅茶苦茶怖いというものは無いですが、じわじわ来ますね。
小説でもそうなんですが、この人の文章って情景を読者に想像させるのが上手いんですよ。
それによって、作品に入りやすくもあるんですが、感情移入しようとすると、京極氏得意の、徐々に微妙な違和感を感じさせるようなザラリとした気味の悪さを味わうことになります。
あまり怖くないなー、と思って読んでいたんですけど、余韻があるというか、何か後を引くんですよね。
この人、怖い話と思って読むと、何故か印象に残る嫌な話だったっていうのが得意なのかも。




=====マンガ=====


不安の種+ (4)
/中山 昌亮(秋田書店)

すごく乱暴にいうと、新耳袋の中の不条理な怖さを持つ怪談をマンガにしたような作品でした。
怖い作品なんだけど、いわゆる幽霊云々ではなく、なんだか分からないものとの接触を集めた短編ですね。
幽霊とは違った、正体不明の存在の恐怖の後味の悪さの表現が巧みに感じました。
これが最終巻とは残念ですね。



もっけ (8)
/熊倉 隆敏(講談社)

妖怪が見える姉妹が主人公のお話で、アニメ化もされましたね。
この作品での妖怪は、鬼太郎的なキャラクターではなく、精霊的な存在だったり、自然現象の具現化だったり、いわゆる元来の意味に近い妖怪です。
妖怪のいる日常生活を描いた作品なので、怖くはないのですが、教訓的な話も多く、考えさせられますね。そういう意味でも、戒めという意味での妖怪に近いのかもしれません。
しかし、ここ最近の巻の静流のエピソードは辛いですね。百瀬はすごく嫌いなキャラです。



屍鬼 (1)(2)
/藤崎 竜, 小野 不由美(集英社)

原作は有名な小説ですが、恥ずかしながら未読です。
藤崎竜氏目当てで買いました。
これ面白いですね。
続きがすごく気になります。
村って閉鎖されたイメージがあり、よくホラーに使われますよね。
恐怖以外に閉塞した空間の不快さってのが、うまく生かされてると感じました。
藤崎流のアレンジもなかなか好印象です。



ルー=ガルー 忌避すべき狼 (3)
/樋口彰彦,京極夏彦(徳間書店)

京極夏彦原作による、近未来の殺人事件を取り扱った作品のコミカライズです。
これはここのカテゴリに分類するのは微妙かな?
原作は大変面白く読んだんですけど、このマンガは絵が可愛い系なせいもあってか、若干緊迫感に欠けるというか。
原作も、回りくどい展開をしますが、マンガではもう少しテンポ良くして欲しかったなあ。
普通の美少女ものとして読まれるのもシャクだし、今後の展開に期待。
ちなみに原作読んでる時は、装丁のせいか荒木飛呂彦か天野喜孝のイメージでした。



魍魎の匣 (2)
/志水 アキ,京極夏彦(角川グループパブリッシング)

昨年実写映画化をし、今度アニメ化もする、京極堂シリーズ第二弾のコミカライズ。
実写映画版は、この話の核である嫌な心理描写をごそっと省略してたんですが、この話では、思いっきり再現してます。
作画が非常に達者で、京極作品に対する理解が深いように感じました。
キャラデザも全く違和感ないですね。
宮迫の木場はピンと来なかったんですが、このマンガの木場はイメージ通り。
不機嫌な面相の京極堂と、浮世離れした榎木津もいい感じでした。
表紙の京極堂は美形すぎる気もするけど。




=====その他=====


怖い話はなぜモテる
/稲川 淳二, 平山 夢明(情報センター出版局)

元祖、怪談の語り部ともいえる稲川氏と、現在の怪談を牽引する作家、平山氏の対談集です。
平山氏にいつもの毒はなく、お互いほめ殺し合戦みたいになってますが、なかなか興味深い話はありました。
有名な都市伝説の赤いちゃんちゃんこが、元は稲川氏が紹介したもので、赤い半纏だったとか、稲川氏の近所の犬が人面犬の正体だった話は、えーって感じでした。
赤いちゃんちゃんこは、出所不明と言われてましたしね。
ただ、怪談の話だけじゃなく、人生における話とかもあって、なかなか読み応えありましたよ。



直撃現代百物語 新耳袋大逆転
/ギンティ小林(洋泉社)

新耳袋で掲載された怪談を検証するという内容の本です。
装丁も似せてあるんですよね。
怖いというより、珍道中といった感じですけど、本気でシャレになってない話もありました。
いわゆる出るところに行けば、本当にやばいことになるんでは?と思わせるリアリティのある話もあったり。
それ以外にも、山の牧場の話の検証などは、じわじわくる不気味さがあって嫌な空気が伝わってきますね。
新耳袋を読んでいた当時のことを思い出しつつ、一気に読了しました。



日本妖怪大百科 VOL.10-DISCOVER妖怪(講談社)

月1で出ていた妖怪百科の最終巻です。
この巻は都市伝説と現代妖怪という、最終巻らしい内容でした。
毎月楽しみにしてましたよ。
荒俣先生や、水木先生の連載や、妖怪関係でお仕事なさってる方のインタビューとか、伝承のある土地の取材とか、充実した内容でした。




=====未読=====


いわくつき日本怪奇物件
/福澤 徹三(角川春樹事務所)


恐怖箱 老鴉瓜
/矢内倫吾,鳥飼誠,渡部正和(竹書房)



数えてみたら、怪談、妖怪系、ホラー、マンガなどあわせて19冊買って、うち2冊まだ未読ですか。
もっと読んでるかと思った。
未読のは今読んでる別な本が読み終わったら取り掛かろうかと。



ぴよこの本棚

|

扉の向こうに

ポケモンのWi-Fi通信について09年6月14日更新


以前の記事から独立させて、新たにポケモンのWi-Fi通信板を作りました。
ルールや注意事項などは、随時更新していく予定です。

親交のある方ならば、交換対戦などの通信を
行わせていただきたいと思います。
いくつか注意事項があるので、必ずそちらをご確認ください。



基本的に、通信させていただくのはネットゲーム、ブログ、HPなどで
交流のある方、またオフ会などリアルでお会いしている方に限らせて
いただきます。
その他のケースは管理人が判断します。

外部装置及び、アプリケーションなどによる改造と呼ばれるもの、
裏技と呼ばれるバグなどを利用をされている方との通信は行いません。
また、それらを容認されている方、知っていながらそれら利用者との
通信を行っている方との通信も遠慮させていただきます。
上記の不正に関する管理人の見解はコチラ

通信をご希望の際はコチラのBBSへ書き込みをお願いします。
通信の際は、ボイスはOFFで。(XボタンでOFFに出来ます)
チャットはコチラで行いたいと思います。
BBSのチャット的な使用はご遠慮ください。

上記の条件が当てはまる方であれば、管理人不在の時に
BBS、チャットを利用していただいて構いません。
その他のケースについては管理人にお問い合わせください。

通信機能を使って友だちと楽しく遊ぶためのマナー
(ポケモンオフィシャルサイトより)


※上記の注意事項及び、その他公序良俗に反する書き込み、発言が
あった場合、当該部分を削除させていただきます。
また、場合によってはアクセス規制を行うこともあります。
ご了承ください。



続きを読む "扉の向こうに"

| | コメント (3)

マスタッシュ

モスバーガー岩手県産 南部どりバーガーの販売が始まりましたね。
(※地域限定です。)
まだ食べていませんが、今度食べてこようかと思ってます。

これ実家に帰省した際、ご当地限定メニューだと聞いてたんで、
食べようと思ってたんですが、その時には販売期間が
終了していました
その時は北海道・東北エリア限定で、2月までの販売だったようです。


ちなみにコレはその時に代わりに食べたホットチキンバーガー。
こっちの方が、同時期にマックで販売していた、同タイプのメニューより
好みだったかも。

現在、販売中のモスのご当地メニューはコチラ
過去のメニューについては、コチラのサイトが詳しかったです。

中京のモスライスバーガー味噌カツとか興味津々です。

続きを読む "マスタッシュ"

| | コメント (2)

まんまる

ミスタードーナツのショコラシューを食べました。



今日まで80円でしたー。
カスタードホイップ(上)、ショコラホイップ(左下)、
ストロベリーホイップ(右下)の3種類、どれもふわふわで
美味しかったです。

ミスドで特に好きなのは、ポンデリングなんですが、
これもお気に入りになるかもしれません。

続きを読む "まんまる"

| | コメント (4)

broken,beat&scarred

今回もバトンやってみます。
前半がmutuhaさん、後半が歩幸さんからいただいたものです。


では、まずmutuhaさんからいただいたバトンから。


*あなたの好きな物(人)は?

物:カレー、犬、ロック、妖怪、怪獣、怪談、総合格闘技、マンガ、ポケモン、SEGA

人:自分をキチンと持っている方。
例)水木しげる、京極夏彦、実相寺昭雄、ヴァンダレイ・シウバ、フレディ・マーキュリー


*送り手の好きな物(人)は?

「愛描・お嬢の寝言・いびき(笑)
なぜか癒される。なんでかが分からないが癒される。」だそうです。
(mutuhaさんの回答より引用)
私はしょこたんの大ファンというイメージが強かったです。


*送り手と出会うキッカケは?

ブログペットのあしあとからです。
それからちょくちょく遊びに来ていただけるようになり、交流がはじまりました。


*送り手の第一印象は?

テンション高い方だなーと。
それと初めてコメントいただいたのが、濃いマンガの記事だったんで、只者ではないと思いました。


*今の印象は?

いつも楽しい方ですが、繊細な部分も持っていると思います。
純粋で優しい方ってイメージが強いですね。


*ずっと身内(友達)でいたい?

もちろん!


*送り手のいいところは?

お友達をとても大切にされていて、そういう部分を見習いたいですね。
それに好きな物事に素直なところが好感が持てます。


*送り手の駄目(心配)なところは?

そうですねー。
最近目がお疲れなようなのが気になります。
それと、悪い人に騙されたりしないか心配です。


*メッセージ

いつもコメントくださってありがとうございます。
疲れている時、よく元気づけられました。
ブログにコメントはあまり残していませんが、いつも拝見してます。
今後も楽しいブログ期待してます。
これからもよろしくお願いしますね


*次に回す人

・遊・命さん
・クラウドさん
・マリーさん
・teruさん
・矢車なちさん


最近、頻繁に回しちゃってる方もいますけど、
ネタに困った時とか本当にご都合が良い時にでも
よければやってみてくださいな。
勿論、スルーOKです。
テンプレは例のごとくコメント欄においておきます。


続きを読む "broken,beat&scarred"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

New Animal

本日発売のポケットモンスタープラチナを入手しましたよ。
とても楽しみだったせいか、近年珍しく朝バッチリ目が覚めました。



これは、今日届いたプラチナとDSLiteギラティナエディション
セットが収納されているパッケージです。


ギラティナエディションのパッケージはこちら。


セット同梱の海洋堂製ギラティナフィギュア(手前)と
角度を変えるとギラティナがオリジン、アナザーに
フォルムチェンジするカード(奥)です。


そしてこれがギラティナエディションのDSLiteです。
光沢があり、細かいラメのような材質でコーティングされてます。
蓋にはギラティナがデザインされていて、角度によって色合いが
違って見えます。
光の加減でかなり見えづらかったりするんで、撮影時は苦労しました


プラチナはまだ本格的に遊び始めてないです。
マニュアルやサイト見た感じだと好印象ですね。
これからたっぷり遊ぼうと思います。
余談ですが、クラブニンテンドーがかなり重くなってて、
なかなかポイントの登録できないですね。
プラチナ効果かなー。


ポケモン公式サイト





ポケットモンスター プラチナ 特典 オリジナルフィギュア「ギラティナ<オリジンフォルム>」付きポケットモンスター プラチナ 特典 オリジナルフィギュア「ギラティナ<オリジンフォルム>」付き

任天堂 2008-09-13
売り上げランキング : 46

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (8)

the unforgiven

【9月17日追記】

今週発売のファミ通にDS版PSO「Phantasy Star 0」の記事が載っていました。
PSOの新作が出るとは思ってなかったので、本当に驚きですね。
しかもDSですし。

初見の感想は、あぁPSOだなぁ、って感じです。
3D表現の限界がハードの性能上感じられますが、この雰囲気はPSOだなって印象で懐かしく思いました。
WiFiでの通信やピクトチャットを利用したシステムがいいですね。

新職業でヒューマール、ハニュームのイラストがありましたが、ファンタシースターシリーズの象徴的キャラであるハニュエールの姿は無かったので気になります。
紹介されてたのは8種類だったので、今後発表があるのかな。
ちなみにキャライラストはアイマスなどの窪岡俊之氏によるものでした。

とにかく、驚きと同時にうれしいニュースです。
発売が楽しみですね。

コチラの記事、生涯PSO様で早速掲載されていました。

コチラはファミ通.comの記事。
また、コチラの記事によると、12月25日の発売を予定しているようです。



公式サイト

続きを読む "the unforgiven"

| | コメント (4)

My Apocalypse

ご無沙汰してます。
今回はまず、なちさんにバトンをいただいたのでそれをやってみます。



【自分取り扱い説明書】

【製品説明】
製品名→ぴよこ
対象年齢→主に中二向け
主要動力源→カレー
製造元→チベット(日本の)
製造日→7月22日
保証期間→もう切れた。
価格→1169円(サラディンがアイユーブ朝を興す)


【以下の動作方法】
話す→話すのは苦手なので、多くを望まないこと。徐々に話すようになる場合もあり。
誘う→時間とお金の都合があえば行く可能性もあるといえます。
笑わせる→シモネタがオススメ。あと猪木ネタ。
泣かせる→犬の話で大抵泣く。あと虚無感でとか。
怒らせる→度を超えて無神経なことを話せばOK。あと列の割り込みとか。
謝らせる→基本謝ってばかり。誤ってばかりともいえます。
嫌わせる→好きなものを馬鹿にする、触れて欲しくない部分に触れてみるとか。○山マンセーすれば確実。
歌わせる→カラオケとかなら「みんなが知ってるの歌えwww」みたいな空気じゃなきゃ勝手に歌う可能性もあり。
倒す→猫と発泡スチロールのこすれる音は苦手すぎる。
服従させる→拳で。


【メンテナンス】
故障かなと思ったら→壊れやすいので、気にしないで放っておきましょう。
拗ねた→下手に関わると、面倒臭いことを言うので放っておきましょう。
笑わなくなった→仕様です。
急に別人の様になった→別人のようにハイになっている時は、落ち込んでいる時か徹夜明けなので「早く寝ろ」と言うのがいいかもしれません。
ケアの仕方→放っておくのがベストですが、たまには構ってあげましょう。
修理の仕方→まだ解明されていません。

【本製品に関する詳細なお問い合わせ先(回す人)】

ソフトウェア元→しののさん
発売元→マリーさん
販売代理店→teruさん
修理担当→クラウドさん
お客様相談室→mutuhaさん
苦情係→遊・命さん


もし興味持たれたらやってみてください。
今回はもういっこあります。

続きを読む "My Apocalypse"

| | コメント (12)

Mountain Song

実家で撮影してきた写真を少し紹介します。

山の中にある温泉の近くで撮影してきたもの。
見づらいですが、川の中に鹿の親子がいます。
携帯なので、あまり大きく撮れなかったのが残念。
近づいたらすぐ逃げられてしまいました。



続きを読む "Mountain Song"

| | コメント (3)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »