« sleepwalker | トップページ | 声を聞きたいのですが、聞こえないのです »

サイレン♯

アニメ『魍魎の匣』第1話「天人五衰の事」を観ました。

原作は、京極夏彦氏の小説で、自分は既読です。
マンガ版及び、昨年の実写版作品も体験済みです。
それを踏まえて感じたことでも。

自分の予想してた方向とは別なところで話題になってたようで、気になって「魍魎の匣 百合」で検索したら、結構ヒットしましたね。


他サイト様の感想を一通り読みまして、まず原作未読の人が多いのに驚きました。
悪い意味ではなく、勝手に原作ファンがメイン視聴者だと思ってたもので意外だったということです。
見た感じ時間帯のせいか、未読のアニメファンの方が多いって印象ですね。
もっとも、検索ワードのチョイスのせいかもしれませんけど。

その百合と言われる展開だった第一話について、個人的見解を以下で述べてみます。
まず、アニメでああいう描写をされていましたが、加菜子と頼子の二人に同性愛的な要素は無いはず。
捉え方の問題なので、そう受け取る人もいるかもしれませんが、自分の解釈では異なります。
また、この二人の言動は電波的というより、この年代特有の熱病、いわゆる中二病みたいなものだと感じました。
加菜子と頼子の関係は容姿や能力に秀でた中二病の少女と、それに魅かれる同じく同じく中二病の、信者みたいなもので、依存しあっているのではないかと思います。

むしろ、原作及び劇場版、マンガ版を体験した時点では、百合及び電波という発想は自分の中で無かったです。
今回、アニメ見て、他の人の感想読んで、速攻で削除されたニコ動のコメント見るまで、そういった解釈には思い至りませんでした。
そこは純粋に目から鱗です。
でも、アニメ制作側は意図的にそういう風に表現したかったのかもしれませんね。
つかみはこれで視聴者の目をひきつけるって狙いがあったのかもしれません。
なにしろ、主人公が登場するのは随分先ですしね。

ただ、二人のこういった部分の描写に関して、丁寧に描かれていたので、そこは素直に評価したいです。
昨年公開された劇場版ではごっそり削られていて残念に思ったので。

他、気になったのは、まずCLAMPのキャラデザが全体的に線が細く、美形だったことですね。
関口と木場に関しては、特にかなり気になりました。
関口がサル面じゃないし、木場が細いなあって感じです。
例えば劇場版での宮迫の木場よりは全然いいですが、マンガ版のキャラデザが自分の中でかなりイメージどおりだったので、これはやや残念。
基本的に、原作は榎木津など一部を除いて美形の出てくるイメージはなかったので、その点では違和感持ちましたね。
アニメでは、頼子の母親もあまりくたびれてなかったですし。
また、この時間帯はVAPのアーティストがOP,ED担当することが多いですけど、やっぱりナイトメアはないなあと思いました。

それと、これは意図的かは分からないですが、京極作品によくある、日常に少しずつ入り込む違和感から由来する怖さ、不快さって部分は表現されていたと思います。
人形の表情が動く場面、頼子の母が魍魎という言葉を口にする場面、運ばれていく重症の加菜子の口に微笑みが浮かぶ場面とかですね。
冒頭の「ほぅ」は少しイメージと違ったかもですね。

1話を観ただけでは、まだ評価は出来ないですが、作画も含めて仕事は丁寧だと感じました。
劇場版の時も書きましたが、原作とは別物ですし、むしろ原作との違いを楽しむくらいの気持ちで、今後の展開に期待したいと思います。


劇場版感想(※ネタバレあり)

ぴよこの本棚

|

« sleepwalker | トップページ | 声を聞きたいのですが、聞こえないのです »

」カテゴリの記事

コメント

ポケモーニング☆

漫画が出ているのですね!
そちらチェックしてみますw
ありがとうございます〜!!

投稿: mutuha | 2008年10月12日 (日) 09時05分

>mutuhaさん

こんばんはー。
そちらでの放送は無いのですね。
残念です><
ネタバレになるのはアレなのですが、
マリみてみたいなアニメだと想像された
方が結構いたみたいです。
原作以外にも、マンガ版が今2巻まで出ていて
そちらの出来がすごくいいんで、興味があれば
読んでみるのもいいかもれません。

投稿: ぴよこ | 2008年10月11日 (土) 01時10分

ぴよこさん、こんばんは^^

百合!どんな描写だったのか気になります。
こちらでは放送しないのですごく羨ましい><
アニメ製作者の方々に悪いのですが、
ちょっとネットで見てみようかと思っています。
ニコ動、削除早っ!

投稿: mutuha | 2008年10月10日 (金) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« sleepwalker | トップページ | 声を聞きたいのですが、聞こえないのです »