« no quarter | トップページ | クリームの素晴らしき世界 »

修羅場

K-1 WORLD GP 2008 FINALを見ましたよ。
今回は、シュルト、ホンマンなどのいる最近の
怪物路線とは違った感じで楽しみにしていたんですよ。

はじめ、この大会は記事にする気はなかったんですが、
見ていてここ数年の決勝大会では一番楽しめたので、
全試合メモを取りながら書いていたんですが…。

決勝が非常に残念な結果になって、脱力したので
今回は軽く触れる程度にしたいと思います。

まず私のベストバウトは、バダ・ハリvsジマーマン
MVPはマヌーフですね。

バダ・ハリvsジマーマンは、お互いアグレッシブで、
ダウンを取り合う熱い試合でした。
最後のKOでバダ・ハリすげーって感じでしたし。
ジマーマンはテイシェイラとの初出場同士の対決も
制し、かつどちらもいい試合でした。
キャラも、エロジマンというNNもいいですし、
今後期待できますね。

MVPは、ジマーマンと迷ったんですが、リザーブで
一回り大きい選手を見事にKOしたマヌーフで。
打撃が強いことは知ってましたが、総合の選手で
階級が下なのにもかかわらず、圧倒してましたね。
本戦ではないながら、インパクト抜群でした。


とりあえず、スッキリしないですけど、レミー選手
優勝おめでとうございます。

決勝のレミーvsバダ・ハリ、残念でしたね。
いい試合になりそうだったんですが、バダ・ハリの
反則でレミーが優勝ですか。
全ての試合が良かっただけに、結末がこうなって
残念です。
バダ・ハリの踏みつけなどの行為により、5分の
インターバルの後のレッドカードでしたが、
正直、時間止めるまでもなく、反則負けで良かった
んじゃないかと思ってます。
レフェリーが制止しているにも関わらず、倒れた
(ダウンではない)相手に暴行を続けたんですから
相当悪質ですし、仮に5分の後に続行したとしても
公正な結果にならないでしょう。
こういう判定は、K-1の興行の過去のことも考えて、
不透明な印象を与えるんで、毅然として行って欲しい
と思います。

この結果によって、レミーを責める人も出てくると
思いますけど、彼に非は無いでしょう。
過去のサップ戦などでも、反則により試合続行不可能
での白星があるし、続行できないほどのダメージには
見えないとか、演技だろうという非難は多分あると
思います。
でも、反則された側が責められるのは筋違いだし、
今回の頭部への踏みつけは危ないですし、悪質ですよ。
無理して続ける必要も無いと思います。
とにかく、残念でなりませんよ。


今回は、新陳代謝があって、新鮮でしたね。
ジマーマン、サキ、テイシェイラなどは今後楽しみです。
反面、バンナ、アーツの敗北は残念でしたね。
彼らも年齢的にはきついですけど、再起してほしいです。


その他、感じたこととか。

・谷川氏、本当にいい加減にしてください。
知らないのにしゃべらないでください。
興行にとって重要な選手を応援するような、
または、有利な印象に視聴者を誘導する発言は控えてください。
もう格闘技に関わらない欲しいです。

・魔裟斗は今回見直しました。
さすがに現役選手だけあって、適切な解説。
谷川氏とは大違い。
決勝の、バダ・ハリへの「1年は出場停止でしょう。」という
発言、本当に拍手です。
あの場で言えた勇気、選手の言葉の重さ、確かに感じました。
(でも、秋山の例もあるように、出場停止になっても、
興行に必要な選手ですから、すぐに復帰するでしょうね。)

・OPENスコアリングは素直に良かったです。
いつも不透明な判定結果があったので。
(前回のMAXはそれでも不透明な部分はありましたが)
武蔵が出ている時からやって欲しかった。

・バダ・ハリファンのキャスターの西山さんが泣いていて、
少しイラッとしました。
気持ちは分からないでもないけど。
紀香さんはいたって冷静でしたね。

・パチンコのCMが少なくてよかったです。

・キンボ・スライスが来日してたんですね。
大晦日への布石でしょうか。
DREAMで見たい選手ですね。

・ホンマンvsセフォーが一試合丸まるカット。
その他、ラウンドが削られてたりしましたね。
尺の関係で仕方ないですけど、もったいないなあ。


後味は悪いし、課題は残ったけど、いい興行だったん
じゃないでしょうか。
ただ、この時期での開催なので、大晦日に主力選手は
出られないでしょうね。
とりあえず、ブームはますます縮小していくでしょう
けど、次に繋がる結果になったと思います。



K-1公式

|

« no quarter | トップページ | クリームの素晴らしき世界 »

格闘技」カテゴリの記事

コメント

>遊・命さん

こんばんはー。
こちらこそ、なかなか足跡を残せずにすみません><
今回は、本当に例年以上に見所が多くて、それだけにあの結末は残念でしたね。
実際、決勝で彼も極度に試合に没入しすぎてはいたんでしょうね。
戦闘モードになりすぎていたんでしょう。
ただ同時に、かつてのサップなどのように、試合を早く終わらせてプレッシャーから開放されたいという気持ちや、極度の緊張が重なって、周りの声が聞き取りにくくなってしまったり、判断能力を著しく欠いてしまったのではないかと感じました。
大舞台で、それを制しきれなかったのが彼の弱さだと思います。
興奮状態とはいえ、仰るとおりルールのある試合で、単なる喧嘩ではないので、やってしまったことは重大ですよね。
K-1及び、FEGの興行に関しては、集客や話題づくりやその他諸々、これまで主催者やその周囲の思惑が試合にまで影響してしまう部分が多かったと思っています。
選手や、ファンよりも、ビジネスを優先していると感じることが、ここ数年多かったですね。
これまでのように主催者の都合でルールや勝敗が覆ってしまうのでは、選手もファンの気持ちも離れてしまいますよ。
正直、他のスポーツや、海外の他の団体のように、コミッショナーでも作って、興行とルールの面を分断してしまった方がいいのではないかという気もします。
でも、それにより、利権を得られない人が出てくるので、実際にそれを分かっていても作られないのかもしれませんね。


>BlogPetのミクラス

色んな意味で魔が潜んでいる場かもしれない。

投稿: ぴよこ | 2008年12月 9日 (火) 04時20分

>mutuhaさん

こんばんはー。
動画の件は全然大丈夫ですよー。
むしろ、情報提供ありがとうございます。
動画面白かったですし、気になさらないでください。
決勝はそれまでのいい試合を帳消しにしてしまう展開で、脱力しましたね。
ああいう決着は、ファンも選手も主催もスッキリしないでしょうけど、あれは即失格にしないと駄目だと思いました。
若い選手っていうこともあるし、プレッシャーや、興奮状態だったていうのもあるんでしょうけど、気持ちの弱い部分が出ちゃったのかなとも思います。
あそこで、あの行動をすることで、自分、レミー含め対戦相手、ファンやサポートした人たちの、この決勝までに練習や試合で積み重ねてきた気持ちや努力やその他諸々が、全て壊されてしまうっていう重みが判断できなかったんでしょう。
これまで、決勝大会だけでなく今年のK-1を最も盛り上げたのは彼なのに、とっさにそれが分からなくなってしまったことがやるせないです。

投稿: ぴよこ | 2008年12月 9日 (火) 03時58分

ども、中々挨拶できなくてすみません><
今回もやっぱりところどころ見逃してましたけど
実際、久々に“いい試合”の多い大会でしたので
本当に決勝戦の“アレ”は残念でしたねぇ…

実際、格闘技とかやってる人って
集中してくると本当にアドレナリン全開で
ある種の興奮が“バーサーク”状態に近いところに行っちゃう事があるのかもしれませんけれど
“喧嘩”ではなくキチンとルールのある“格闘技”なので
どれだけ興奮状態にあっても
倒れた相手を踏みつけるとか、審判の制止を無視しての攻撃とかっていうのは…
やっぱりいただけませんよねぇ…

相変わらずコメントお見事ですね。

スポンサーや興行主とかの思惑とか“黒い”部分の為に実際戦っている選手たちにまで影響が出るのはいけませんねぇ…

投稿: 遊・命 | 2008年12月 8日 (月) 18時30分

決勝って…なんだろう…?

投稿: BlogPetのミクラス | 2008年12月 8日 (月) 14時32分

ぴよこさんこんにちは^^

昨日はすみませんでしたー><;

決勝、すごい脱力しましたねーort
それまでの試合見てて、力入ってたから
余計に脱力しました。
でも久々に力が入る試合が見れた。
反則は仕方ないですねー、倒れた後の行動見てて
もうダメだと思いました。
若い選手だからみたいなこと言ってたけどね(。。)

投稿: mutuha | 2008年12月 7日 (日) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« no quarter | トップページ | クリームの素晴らしき世界 »