« そしてもう一度夢見るだろう | トップページ | Falling Star »

炎上する幸福

今日のK-1 WORLD MAXにアニオタを自称する、コスプレ格闘家の
長島☆自演乙☆雄一郎さんが出ていましたね。
(自演乙氏の試合前会見はこんな感じ
準決勝で、ドクターストップで負けてしまいましたが、思っていたより
強かったと思います。

というか、それよりも会場の彼のファンが強烈で。
阿部さんの顔を書いたお面してる人もいました。
地上波で阿部さんが見れるとは…。

彼は、今時のオタクというか、ネットの影響を強く受けたキャラだなと
思いましたね。
いいか悪いかは別として、今のところ結構違和感はあります。



例えば、世界最強のオタク、ジョシュ・バーネットさん。
(ジョシュさんの愉快なインタビューはコチラ
彼は、なんというか、昔の日本の気合の入ったオタクって感じで
好きなキャラなんですけどね。
勿論格闘家としても、好きな選手です。

過去には、ロビンマスクの仮面を被って入場した、ホドリゴ・グレイシー
さんとか、(コチラの一番上の写真参照。)
ドラゴンボール柔術のカーロス・ニュートンさんといった方々もいましたが。


まあ、自演乙氏は人気出そうですね。

あと、TBSの格闘技番組ってGAMMA RAY(ドイツのHMバンド)の曲が
好きですね。


K-1公式サイト

|

« そしてもう一度夢見るだろう | トップページ | Falling Star »

格闘技」カテゴリの記事

コメント

>mutuhaさん

その青木ですよー。
DREAMで大活躍中の青木と、今度DREAMフェザー級
GPに参戦する今成氏です。
二人とも、屈指の寝業師なのですが、この格好で
練習すると、かなりアレですね…。
記事中の自演乙氏のメッセージでは、これはコスプレ
7級だそうです

投稿: ぴよこ | 2009年3月 2日 (月) 22時48分

え?青木ってあの青木?
プライドに参戦してたあの青木?
どうしてこんなことになってるんだろう・・・
コスプレがこんなところに影響するとは。
コスプレというより・・・

投稿: mutuha | 2009年3月 2日 (月) 22時36分

こんなところにまで影響が…。
これは変態といえよう。

http://www.kamipro.com/news/?id=1235989713


※この二人は世界トップクラスの実力者です。

投稿: ぴよこ | 2009年3月 2日 (月) 20時55分

>mutuhaさん

こんばんはー。
昨年、DEEPで行われた試合の時の入場みたいですね。
これに勝って、乙氏はK-1参戦をアピールしたみたいです。
この入場はすごいです。
これはさすがに地上波では無理でしょうね。
ダンスは、乙氏は入場の練習を熱心にする選手のようなので、踊れてましたね。
郷野選手とかも、入場の派手さが有名な選手ですが、これはそれ以上のインパクトかもです。
オタクというと、今は境界がかなり難しいですし、知識のソースをネットに依存していたり、親和性が高いんでしょうね。
自分は未だに、そういうタイプをオタクを分類していいのか、迷う部分はあるんですけど、世間的にはどちらも変わりはないのかもですし、認知されるということはそういうことなのかもしれません。
上手く言えないですけど、そういう感想を持ちました。

投稿: ぴよこ | 2009年3月 1日 (日) 21時59分

ぴよこさんこんにちは〜!

こ、これはッッ!!
阿部さんだらけwww
まさか阿部さんまでやっていたとは・・・
やらないかを踊りながら入場、かなりインパクト大です。
コスプレなのか疑問ですが、ダンスはかなり踊れてましたね。
確かにオタクというよりネットの影響が大きい感じです(。。;)

投稿: mutuha | 2009年3月 1日 (日) 12時23分

この入場もすごいな…。
K-1じゃ無理だろうけど。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5663630

投稿: ぴよこ | 2009年3月 1日 (日) 00時50分

>mutuhaさん

こんばんはー。
登場時のお姿はコレですね。
ファンの方々の服装もすごかったですね。
魔裟斗選手のファン層とは対極でしょう。
阿部さんのお面してた人が画面に出た時は、
ウホッって感じでした。
結構、格闘家の方でもマンガやゲーム好きな
人っていると思います。
特に、ジョシュ選手の造詣の深さはファンの間で
有名です。
他にも、戦極ライト級王者の北岡選手が、マイメロ
のファンで、アニメに本人役の声優としてゲスト出演
したことがあったりしましたね。
プロレスラーのライガー氏やノアの三沢さん、元K-1選手
の佐竹選手は熱心な特撮ファンですし。
余談ですが、猪木イズム最後の継承者、藤田選手が
でじ子の父親役として出演したり、柔道王、小川が
ケロロ軍曹の曲を歌ってたこともありました。
古くは、ライガーさん、タイガーマスクなど元はマンガ、
アニメだというレスラーもいますしね。
少し前はムシキングのレスラーもいましたし。
アニメやゲームの好きな人にプロレス好きが
多いという話を一昔前にはよく聞いた気もしますが、
親和性は高いのかもしれません。
ただ、自演氏は、ジョシュ選手などと違って、
今のネット世代のオタクキャラの感じですね。
オタク的趣味を持った格闘家というよりは、格闘技を
やっているオタクという感じでしょうか。
本人もコスプレが本業みたいなこと言ってましたし。
今後期待できる選手ではありますけど、今のところ、
まだ違和感はありますね。
まあ、ここであまり本音をぶちまけるのもアレなので、
とりあえず、今後に期待ということで。
変なレスになってすみません

投稿: ぴよこ | 2009年2月25日 (水) 23時16分

ぴよこさんこんばんはー!

名前もですが、登場もインパクトありましたね〜!
ビックリしました。
私もまさかK-1であんな登場シーンが見れるとは思ってませんでした。
ニコ動が集結した感じでしたが、
まさか阿部さんがいたとは・・・!
なんだか想像できないなー^^
他の格闘家でもいるんですねー。
オタクもいろんな人が語るようになってきたような気がします。

投稿: mutuha | 2009年2月24日 (火) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そしてもう一度夢見るだろう | トップページ | Falling Star »