« Last Love Letter | トップページ | 遠足 »

GHOSTS I-IV

「実話怪談 トレント」で検索して、当ブログにたどり着かれる方が、たまにいるようです。
うちのブログで出てくるトレントは、NIN(活動休止は残念…。)のトレント・レズナー氏のことなのですが、なにかそういった怪談があるのでしょうか。
微妙に気になっています。

ブクログで確認したら、昨年このカテゴリ(怪談・妖怪・ホラーなど)に入る本を49冊ほど読んだみたいです。
多いのか少ないのかわかりませんが。
少し前に、それも含めて、カテゴリごとに2008年を振り返った記事を書こうかと思っていたんですが、書き始める前に、もう3月になってしまったので、頓挫しそうな予感です。

昨年末に出た幽刻記―現代百物語/西浦和也(竹書房)という本で、とても恐いお話を読みました。
「クゥケケケケ」という一編です。
ネタバレしない程度にあらすじを述べると…。

墓地の近辺に住むことになった夫婦が、ある夜楽しげな笑うように鳴く鳥の声を聞く。
その後、その鳥の声を聞こえる時、身近な生き物が無残な死をむかえるように。
そして、夫婦の血縁者が危険な状態だという夜、いつも以上に楽しげに鳴く鳥の声を聞く。
墓地に姿を見せた、その声の主の姿とは…。

という話なんですが、情景が目に浮かんできて、かなり恐かった覚えがあります。
怪談などで、本気で恐いと思うことが近頃無くなっていたのですが、これを読んだあと、暗闇でこの話の声の主の姿を想像して、背筋が寒くなりました。


それと最近、怖い話/福澤 徹三(幻冬舎)という本で別な意味で恐い思いをしました。
次の一文です。

ベクシンスキーの作品には「3回見ると死ぬ」という、いわくつきの絵があるが、本書のカバーイラストがまさしくそれである。


( ゚д゚)

オイオイオーイ!!(突っ吉こむ平風に)
思わずフライングガッツマンツッコマンをする勢いでした。
(ダチョウの竜ちゃんなら「殺す気かっ!」という感じ)


ズジスワフ・ベクシンスキー(wikipedia)

ぴよこの本棚




上記『怖い話』収録のお話は一部Webマガジン幻冬舎で読めたりします。
紹介したのは、怖い絵の中の一文。
(ページの下の方でバックナンバーが選択可能)

また、怖い数字の最後の方にある、有名なクイズって前に見たことあるような気もするけど、よく知られているものなのでしょうか。
通勤中に読んでて、少し考えてしまいました。


あと、3回見ると死ぬ絵と言われている絵は、下記の中のどこかにあります。
押すなよ!絶対に押すなよ!(ダチョウの竜ちゃん風に)

google image検索

世界で最も怖ろしい絵〜Slowly(Youtube)


|

« Last Love Letter | トップページ | 遠足 »

」カテゴリの記事

コメント

>遊・命さん

あー、見ちゃいましたか。
まー、見れば死ぬってのも本当と言っちゃ本当なんですよね。
見ても見なくても、いずれ終わりはあるものですから。
でも、不気味な絵なので、怖いといえば怖いですけどね。
装丁が気になったのが、購入の一因だったんですが、そういういわくのある絵だったとは、結構衝撃でしたね。

投稿: ぴよこ | 2009年3月20日 (金) 20時57分

…見ちゃいました…(多分
ひえぇぇぇ〜〜〜…(^^;

そんないわくつきの絵を表紙にするなよぉ〜〜っ!?
って
そりゃ突っ込みたくもなりますよねぇ^^;

相変わらずの巧い表現に納得><\

投稿: 遊・命 | 2009年3月18日 (水) 08時00分

>mutuhaさん

おはようございますー。
もう3回以上見てしまいました。
今のところは大丈夫です。
これを見た時、心の中で思いっきりつっこんでしましました。
ダチョウの竜ちゃん風という表現がぴったりだと思ったので使ってみました。
で、押すのは2回まででお願いします


>BlogPetのアギラ

あまり活動的ではないなあ。

投稿: ぴよこ | 2009年3月10日 (火) 05時55分

ぴよこが活動するの?

投稿: BlogPetのアギラ | 2009年3月 9日 (月) 14時37分

ぴよこさんこんにちは〜!

おおおおおお(((゜Д゜;)))
読んでてびっくりすることが書いてありましたね〜!
三回見ると・・・ですか!?
暴露した一文にも恐怖ですね〜。
その一文で夏の暑さが凌げそう^^;
ダチョウ倶楽部の竜ちゃん風というのが
想像できて、和みました〜(笑
しかし、ついつい押してしまいそうになります^^
で、結局押すという感じです。。。

投稿: mutuha | 2009年3月 9日 (月) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Last Love Letter | トップページ | 遠足 »