« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

ヌイグルマー

今回は、マンガのお話。(カテゴリは怪獣ですが)
発売から大分時間が経ってしまいましたが、
ヌイグルメン/唐沢なをき(講談社)の感想でも。

この作品は特撮の撮影現場をテーマにしたコメディです。
(一言でいうと変態特撮コメディといったところでしょうか。)

まず、ヌイグルメンというタイトル。
このマンガの裏表紙での「着グルミって言うなーっ」って記述や、文中に登場するセリフにもありますが、元来ヌイグルミって呼ばれていたものが、いわゆるテディベアやUFOキャッチャーなんかに入っているアレと区別するために、着グルミと呼ばれるようになったそうで、現場やファンはその呼称をあまり好まないのだそうです。
なるほどと思うと同時に、それを知ってタイトルがキグルメンでなくヌイグルメンであったことに頼もしさのようなものを感じました。

主人公のイリやヒロのボンデージマニア、BLなどの性癖をはじめ、業の深そうな方々ばっかり出て来る(ちなみに、ここでCCさくらを思い出しました。)コメディ作品なのですが、特撮の部分では取材などに基づくリアルな描写が多く、特撮好きの唐沢氏の本気を垣間見ることができます。
番組制作の裏側、アクター、スタッフの苦労話など、丁寧に触れられていますね。
唐沢氏の作品はよく読むんですが、ユルい世界観の中のこういうギリギリな部分と、引き出しの多彩さのバランスはあなどれないと常々感じています。

また、きなこマン(番組・主人公名)の敵の怪獣、麩饅獣(ふまんじゅう)の体がバラゴンっぽいポイントが高かったです。
(※東宝の怪獣として、地味ながら根強い人気があり、その後ヌイグルミは、円谷でパゴス、ネロンガ、ガボラなどに改造された。)
麩饅獣のヌイグルミに入っているハルちゃんが、中島春男さん(ゴジラのヌイグルミに入っていた方)を思わせるキャラであるのもうれしいです。

ちなみに、麩饅獣とはこんな感じの怪獣です。
ソフビが単行本購入者に受注生産で販売されるとのことだったので、申し込んでみました。
届いたら、またブログで紹介するかもです。


ウルトラファイト番外地 感想

ぴよこの本棚


ヌイグルメン! 1 (1) (KCデラックス)
ヌイグルメン! 1 (1) (KCデラックス)唐沢 なをき

おすすめ平均
stars特撮変態青春モノ
stars実に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2)

成れの果て

※今回は若干の毒を含んでいます。


先日、おせんの最新刊を買ったら、昨年のドラマ化に対する苦言のようなものが載っていました。
気になって調べたら、昨年休載していた時期があったんですね。
その件に関して、ドラマ化が原因との見方があり、このような意見もあったようです。(コチラコチラ

確かに、ドラマは1,2回見ましたが、微妙だった気がします。
(個人的に、特に日テレ系が地雷な気がしますが。)
他にも、原作知っているマンガのドラマ化でちょっと…、ってのは多いとは思いますが、作者がここまで反応するのは珍しいですね。
でも、同意できる部分も確かにあります。


ぴよこの本棚

続きを読む "成れの果て"

| | コメント (7)

君のとなり

●3月26日追記

見たいと思って見逃していた、犬と私の10の約束
明日(3月26日)の木曜洋画劇場で放送されるみたいです。
コチラ参照。)

しかし、木曜洋画劇場は今回で最終回なんですね。
次回から水曜シアター9で映画を放送だとか。
曜日移動って感じなのかもですが、長く続いた番組
が無くなるのは寂しい感じがしますね。
他の局と比較して、曲者っぽいチョイスが印象的でした。

ともあれ、明日は見逃さないようにしないと


以前の関連記事

犬と私の10の約束 公式サイト

続きを読む "君のとなり"

| | コメント (7)

ミスピーチ

ファンタシースターZEROMiniがDSiウェアで配信されるようですね。(コチラ

サイトを見た限り、ZEROのお試し版みたいな感じの
ようですが、本編では使えなかったカイ・サリサ・
オギの3キャラが使えるのはいいですね。
(私は本体を持っていないので遊べませんが…。)
200DSiポイントでDL出来ますし、本体を持っている方
にはオススメしてみます。
これで遊んでみて気に入ったら、ファンタシースター
ZEROの購入を検討するのもいいかもですよ。




ファンタシースターZERO感想
Wi-Fi通信板

公式サイト

|

遠足

日曜は天気がよかったので、CDや本を物色しに出かけました。


そして、おねむりピカチュウまつりが最終日だったので、
久々にポケモンセンターに行ってきました。

続きを読む "遠足"

| | コメント (8)

GHOSTS I-IV

「実話怪談 トレント」で検索して、当ブログにたどり着かれる方が、たまにいるようです。
うちのブログで出てくるトレントは、NIN(活動休止は残念…。)のトレント・レズナー氏のことなのですが、なにかそういった怪談があるのでしょうか。
微妙に気になっています。

ブクログで確認したら、昨年このカテゴリ(怪談・妖怪・ホラーなど)に入る本を49冊ほど読んだみたいです。
多いのか少ないのかわかりませんが。
少し前に、それも含めて、カテゴリごとに2008年を振り返った記事を書こうかと思っていたんですが、書き始める前に、もう3月になってしまったので、頓挫しそうな予感です。

昨年末に出た幽刻記―現代百物語/西浦和也(竹書房)という本で、とても恐いお話を読みました。
「クゥケケケケ」という一編です。
ネタバレしない程度にあらすじを述べると…。

墓地の近辺に住むことになった夫婦が、ある夜楽しげな笑うように鳴く鳥の声を聞く。
その後、その鳥の声を聞こえる時、身近な生き物が無残な死をむかえるように。
そして、夫婦の血縁者が危険な状態だという夜、いつも以上に楽しげに鳴く鳥の声を聞く。
墓地に姿を見せた、その声の主の姿とは…。

という話なんですが、情景が目に浮かんできて、かなり恐かった覚えがあります。
怪談などで、本気で恐いと思うことが近頃無くなっていたのですが、これを読んだあと、暗闇でこの話の声の主の姿を想像して、背筋が寒くなりました。


それと最近、怖い話/福澤 徹三(幻冬舎)という本で別な意味で恐い思いをしました。
次の一文です。

ベクシンスキーの作品には「3回見ると死ぬ」という、いわくつきの絵があるが、本書のカバーイラストがまさしくそれである。


( ゚д゚)

オイオイオーイ!!(突っ吉こむ平風に)
思わずフライングガッツマンツッコマンをする勢いでした。
(ダチョウの竜ちゃんなら「殺す気かっ!」という感じ)


ズジスワフ・ベクシンスキー(wikipedia)

ぴよこの本棚



続きを読む "GHOSTS I-IV"

| | コメント (5)

Last Love Letter

初恋の人からの手紙というものをやってみました。

設問に答えていくと、初恋の人から手紙が届くというものです。
私の結果は以下。
(結果をコピペしても良かったのですが、今回はなんとなく
はばかられたので、興味のある方は下記URLからどうぞ。)

男ver
女ver

うーん。
面白いですね。
というか、やたら生々しい…。

どのへんとは言いませんが
すごく…思い当たります。

続きを読む "Last Love Letter"

| | コメント (8)

羅針

昨日発売のどこでもWi-Fiが微妙に欲しいかも。
impress Watchレポート記事

簡単にいうと、バッファロー/ウィルコム製の携帯無線LAN端末です。
勿論、DSやPSPにも対応。

自分は、今ポケモンでの利用くらいしか思いつかないけど、
結構使えそうな気がする。
外で、対人戦をする際にWi-FiによるLV統一で遊べたり、録画した
バトルビデオをその場で投稿したり。
DSブラウザやDSiが出先でも、ネット端末として利用出来るというのも
いいかも。

ただ、今のところ、それくらいしか自分には使い道が無いのに、
料金が高いのがネック。
使った分だけ課金する従量制のプランとかあれば、少しは 導入も考えたかもですが。
でもまあ、面白そうなアイテムです。




WILLCOM どこでもWi-Fi [WILLCOM W-Value] WS024BF1WILLCOM どこでもWi-Fi [WILLCOM W-Value] WS024BF1

WILLCOM 2009-03-05
売り上げランキング : 2835

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2)

sequence of reverse convert

電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム ver.5.66
Xbox LIVEアーケードで出るのですね。
このシリーズ、初代とオラタンは特に大好きで、よく遊んでたんで、
かなり気になってます。

本体持ってないけど、他に気になるタイトルもあるし、
これは買いなのだろうか。 (弟は持ってるけど)





セガちゃん

続きを読む "sequence of reverse convert"

| | コメント (4)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »