« 君のとなり | トップページ | ヌイグルマー »

成れの果て

※今回は若干の毒を含んでいます。


先日、おせんの最新刊を買ったら、昨年のドラマ化に対する苦言のようなものが載っていました。
気になって調べたら、昨年休載していた時期があったんですね。
その件に関して、ドラマ化が原因との見方があり、このような意見もあったようです。(コチラコチラ

確かに、ドラマは1,2回見ましたが、微妙だった気がします。
(個人的に、特に日テレ系が地雷な気がしますが。)
他にも、原作知っているマンガのドラマ化でちょっと…、ってのは多いとは思いますが、作者がここまで反応するのは珍しいですね。
でも、同意できる部分も確かにあります。


ぴよこの本棚

毒吐きついでにもう一つ。


ゲゲゲの鬼太郎(5期)が明日で終了。
思いっきり、物語の途中での出来事。
打ち切りじゃねーか!

次番組のドラゴンボール、確かに海外も含めて、超強力コンテンツですね。
鬼太郎は海外やグッズ展開など、多くの面で勝ち目はないだろうことは確かに予想できます。
でも、こんな終わり方ってどうなんです?
企業として、お金は大事なのは分かります。
でも、大事なのはお金だけなんですか?

ドラゴンボールは好きな作品ですが、今のこの全肯定のような空気は、正直気味の悪さを感じます。
リアルタイムで見ていた身としては、当時(今のナルトやブリーチのように)バトルが冗長すぎたり、物語を引き伸ばしすぎなどの否定意見は結構あった気がするんですけどね。
(エヴァやガンダム人気の風潮にも同様のものを感じますが。)
ドラゴンボール改は見ないので別にどうでもいいですが。

Yahoo!知恵袋にこんな意見もありました。

|

« 君のとなり | トップページ | ヌイグルマー »

読書・マンガ」カテゴリの記事

コメント

>遊・命さん

マンガ作品、小説などもそうですが、実写化というのは難しいことなんでしょうね。
原作のイメージを崩さないってことに加え、ファンの中で作品を無意識に補完している、映像作品と比べ、受け手の想像力の介入する余地があるなど、それぞれ求めているものが違ったりもすると思いますし。
キャストやストーリーに関しては、原作に対する敬意を忘れないアレンジが好ましいと思ってます。
実際、制作側もスポンサーや芸能プロなどがいないと成り立たないため、どこかで折り合いをつけなければなのですが、そこに視聴者や原作ファン不在の拝金主義的な思惑があるように見える場合は結構ある気がします。
実写化に関して言えば、ルーキーズは見てないですけど、評判よかったみたいですね。
何故今?ってのは確かに思いましたけど。
原作ファンだけど、初回の半分程度で見るのを断念したのって、ハチクロ、喰いタン、クニミツあたりでしょうか。(ドラマのファンの方すみません。)
映画だと、DBはアレらしいですが、デスノートや20世紀少年なんかは評判いいみたいですね。
原作が小説の京極作品は、思ったよりは良かったという感じでした。
まあ、Jに限らず、政治的意図の感じられるキャストっていうのはよくある気がするんですが、作品として、本当にそれは必然性があるのかってのが、一番大事な気がします。
作り手としては、最善を尽くして欲しいのに、政治的な理由で妥協するという、いわゆる大人の事情は、受け手には関係ないことですし、不誠実なことだと思うので。
鬼太郎については、残念の一言ですよ。
ドラゴンボールは決して嫌いではないのに、複雑な気持ちです。
新作を作るのに比べ、それほど手をかけず、ヒットが約束されたようなビッグタイトルですから、超優良コンテンツなのでしょうが、違和感ありまくりです。
何故、今鬼太郎を打ち切りにしてまで放送するのか、リメイクでもない中途半端なものを、途中から放送するのかとか、疑問符でいっぱいですよ。
やっぱり今が儲け時ってことなんですかね。
私の認識が甘いのかもしれませんが、せちがらい世の中ですね。

投稿: ぴよこ | 2009年4月 3日 (金) 22時08分

文字数制限に引っかかりました…
すみません><

『鬼太郎』
これもね

実は『DB改』に関して
既に『痛いニュース』で見てたんですけど
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1214733.html
実際、『鬼太郎』が終わるとなると愕然としました…

ドラゴンボールを放送するのはいい
見るかもしれない

けど何で
“再放送”ではなく“新番組扱い(デジタルリマスターで再アフレコしてるらしいけど…)”なのか

わざわざ『鬼太郎』を終わらせて(しかも打ち切り同然に)やるってのは…

それにどうせやるなら
“無印”からやるのが筋ってもんじゃないの?(痛いニュースでも出てますけどね)

そもそも
アフレコやり直しだのリマスターだのいって
新番組扱いするくらいなら
「根本的にリメイクする」くらいすりゃいいのに

まぁ
TVアニメ業界が厳しいっていうのは
以前から知ってましたし
昨今TV業界そのものが金銭的に厳しい事も判るんですけどね…

あいのりの半ば打ち切り同然の終わり方とか…

人気あっても視聴率良くても
“お金が掛かる番組”は切られるっていうのね。

…ていうかそんなに制作費云々言うなら
人気あった番組をもっとどんどん再放送してくれりゃいいのに(下らんテコ入れはせずに)

見るかどうかは兎も角
業界でこういう風潮が蔓延していくのはホントに勘弁して欲しいですね

P.S. 『ROOKIES』は「何で今?」感はありましたけどドラマも良かったです

投稿: 遊・命 | 2009年4月 1日 (水) 17時01分

漫画作品のドラマ化の是非ってのも
なかなか難しいものかもしれませんねぇ…

“認知度”“知名度”の低い作品の場合
一つの戦略と言えなくも無いかもしれませんが
そういうのなぁ〜んかいやだし
正直「誰が得するの?」っていう疑問が拭えませんよね…

まぁ
色々ありましたけど
『花より男子』と『ここはグリーンウッド』に関しては
「なんでだよ!」
っていう感じでしたっけねぇ…

『花より男子』は元々あんまり見てませんでしたが
「何で今更?」って思ったし
『ここはグリーンウッド』原作好きで
CDとかも買ってましたけど
「何で今更?」以上に
「どうせやるならアニメ放送してほしかったよ!」><。
って思いました

あぁ
『東京大学物語』は原作も途中から見てないですけど(決して嫌いになったとかではない)
ドラマは端から見ませんでしたね…

“J”に関しても難しいですねぇ…
決して所属してる人達のこと嫌いじゃないっていうか
結構好きな人多いんですけどねぇ…

でも事務所の方針ていうか
“一部(?)”の対応っていうか
やり方とかに疑問というか
「それはどうなん?」ていうか…
正直憤りを感じることは確かに多いですね…

投稿: 遊・命 | 2009年4月 1日 (水) 16時22分

>mutuhaさん

そうですねー。
J系タレントをはじめ、政治的な意図の介入とも思える、ミスキャストや意味の無い改悪というものは、よく見かける気がします。
スポンサーの意向や、人気タレントを出せばファンが見るだろうとか、そんなやり取りを想像してしまいますが、原作、作品づくりに対すり敬意が二の次になっていると感じることもしばしば。
誰が悪いのかは分からないですけど、悪習のような気がしますね。
白石文子さんだったかな、Vガンダムなんかにも出ていた声優さんだったんですけどね。
引退されたそうです。
どこの業界でもそうなのかもですけど、特に声優に関しては、声の仕事以外の部分の要素って現在割合が多くなっている印象はありますし、詳しくないので、なんともいえませんが、人気のある一部の人以外は厳しいんじゃないのかなって気がします。
今回のDBのケースが成功して、右倣え的に再放送やリメイクを頻発するようになると、声優さんだけでなく、スタッフや製作の方も困るってこともあるのかもですね。
そういった方々の仕事のためにというのが作品を作る目的になると、それは本末転倒な気がしますが、彼(彼女)たちがいないと作品は出来ないのですから、その辺は安易な目先の商業主義に走らないで欲しいものです。
そして、鬼太郎には、また少しして帰ってきて欲しいです。

投稿: ぴよこ | 2009年3月30日 (月) 01時32分

Jタレントは思いますね!
それを使うからキャラの感じが変更されたというのもあるし、使わないでほしいときが多いです。
視聴率が伸びるから使ってるのかと思ってましたが、そうでもないみたいだし。
よかった時がすごく運があったみたいに感じます。

あの声優さん引退したんですか・・・
すごくシビアな世界だとは思うけど、やっぱり食べていけないほどキツイものなんですね。
そういうの聞くとなんとも言えない気持ちになります。

投稿: mutuha | 2009年3月29日 (日) 17時22分

>mutuhaさん

おはようございますー。
ドラゴンボールを放送するのはいいけど、何故このタイミングで鬼太郎を切るのかって思いますね。
確かに映画化などで話題性はあるんで、ここで投入ってのはあるのかもですが。
しかも、新作ならまだしもリメイクですし。
世間じゃ今リメイクばっかりでうんざりですよ。
再評価につながるリメイクならまだしも。
まあ、今回のはリメイクですらないかもですけど。
DBは超有料コンテンツなのでしょうが、今回は嫌らしいと感じずにいられませんでした。
ドラマ化をすべて否定する気はないですが、原作に対して敬意が感じられないものは嫌です。
政治的要素で、ストーリーやキャラの改悪が行われる場合が多く、うんざりしてます。
特に某Jタレント枠。
ドラマやアニメは原作は別物として距離をおいて見るってのはある意味正しい考え方でしょうが、そこまで作者もファンも必ずしも物分りよくなる必要も無い気もしますね。
そこまで敬意の感じられない改悪を擁護する必要はあるのかと、いつも思ってしまいます。
知恵袋の質問は声優さんを心配したものでしたね。
今回の場合、新たに声入れなおすみたいなんで、その心配はいらないかもですが。
今は飽和状態というか、さらにどの業界も格差があるんで、リメイクや再放送ばっかりになると、厳しくなる方もいるでしょうね。
少し前の話ですが、ポケモンで以前ジョーイさんの声をしていた方も、声優で食べていけないといった理由で、引退してしまったと聞いたことがありますし。

投稿: ぴよこ | 2009年3月29日 (日) 05時15分

こんばんはー^^

確かに鬼太郎は思いっきり不完全な形で終了ですね。
ドラゴンボールはちょっと楽しみなんですが、あの映画があるから今放送するのかなという感じがあるのですが・・・
映画、人気ないみたいですし。。。
話題づくりだとしたらちょっと嫌ですね><
ドラマも原作が変わりすぎてるものが多いですし、そこは映像化に反対する意見も否定できないですよね。
最近ドラマ化は多いし、これからもこういうのは多いんだろうなと思いました。
私もドラマ化で・・・と思ったことがあるので作者が怒るのも分かる(−Д−)
しかし、楳図さんも怒ってたんですね。


知恵袋の意見読んで声優のことに気付きました。
そこまで思いつかなかったなー。

投稿: mutuha | 2009年3月28日 (土) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君のとなり | トップページ | ヌイグルマー »