« Miss Murder | トップページ | ニセモノ »

MIDI SURF

(28日夜:若干修正)

書籍『田尻 智 ポケモンを創った男』が文庫化していたので購入しました。

ポケモンの生みの親であり、アニメの主人公サトシの名前の元になった田尻さんのインタビューを中心にまとめた書籍です。
(ちなみにライバルのシゲルはマリオ、ゼルダでおなじみの宮本茂氏から)

この方、wikipediaを見るだけでも相当濃いのですが、この書籍でのインタビューはさらに濃い内容で、面白いんですよ。


私は、クリエイター田尻智がこうして作られたという観点で興味深く読みました。
この人に限らず、魅力的な作品を作るクリエイターは、確固たるバックボーンを持っているものだと思います。
同時に、田尻さんなど、この世代の作り手は概して懐が広く、物事を広く貪欲に吸収しているなと再認識しました。

で、昔は良かったと言えるほど、この業界に精通しているわけではないのですが、やはり創造に対する熱量が今とは違うなと感じました。
例えば、好きなものに関して語れる語彙の量や内容の濃さ、引き出しの量、咀嚼して生かす力でしょうか。
クリエイターから、いわゆるオタクと呼ばれる裾野まで拡大して、その中身を比較するに、時代を経て、全く異なってきているのではないかと思います。

以下、偏見も多く含むことを承知の主観で恐縮なのですが、好きなものを、ただ「好き」だと言っているだけでは優秀な作り手とは言えず、何故好きかという理解から、その「好き」を自分の作品で作り出せるかどうかというのが、クリエイター的な感性の分岐点の一つではないかと思います。
現在において、プロアマ問わず、「好き」と口にはする割に、その好きな物事に対して、語れる内容が乏しく、また同時にそれ以外のことをほぼ知らない人が増えているという傾向があるような気がしています。

その辺を深く掘り下げるのはまたの機会にするとして、田尻さんの話に戻すと、やはり時代を作った人の話には力があるなと、そう感じたのでした。
上記の話題に通じることですが、インターネットも普及しておらず、ハードの性能にも、まだ壁あったという時代だったということは、逆にポケモンという新たな遊びを創造できる情熱や工夫に繋がったのではないかと思います。

そして、田尻さん達の生み出したのその功績は言うまでも無くすごく大きいものです。
例えば記憶を頼りに述べさせていただくと、ポケモンが登場した当時、携帯ゲーム市場は終局に向かいつつありました。
それがポケモンのヒットで息を吹き返し、再びソフトも充実し、後継機も登場したわけです。
大げさではなく、ポケモンが無かったら、現在DSもPSPも無かったかもしれないと思います。
そして、ポケモンは現在も世代を超えて楽しさを提供し続けているのですね。


他、この書籍ではゲーム開発や業界の生々しい話や、ポケモンのグラフィックデザイナー、杉森健氏との対談、ポケモンの開発段階での資料なども収録されています。
開発の段階では、今とポケモンの名前が異なっているものがあったり、杉森氏のイメージイラストなどが見られるのは良かったですね。
また、文庫版では、田尻さんと、ハチクロの羽海野チカさんの対談が追加されているのもうれしいです。

インタビューの内容はルビサファ当時のもので、最近露出が少ない方ですが、コレコレなんかでダイパ以降も雑誌に登場したりしていました。
こちらもなかなか面白かったですよ。


ぴよこの本棚



田尻 智 ポケモンを創った男 (MF文庫 ダ・ヴィンチ み 1-1)田尻 智 ポケモンを創った男 (MF文庫 ダ・ヴィンチ み 1-1)
宮 昌太朗、田尻 智

メディアファクトリー 2009-04-22
売り上げランキング : 33928

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« Miss Murder | トップページ | ニセモノ »

ポケモン」カテゴリの記事

コメント

>BlogPetのミクラス

インタビューOK修正OK

投稿: ぴよこ | 2009年5月 7日 (木) 02時52分

きょう、アニメみたいなインタビューするはずだったの。
だけど、きのうミクラスが、真田丸は修正した。

投稿: BlogPetのミクラス | 2009年5月 3日 (日) 15時34分

>mutuhaさん

こんばんは。
お久しぶりです。
GWで久々に体が空いたので、滞っていた更新のネタを少し消化しようと思ってます。
文庫先日発売しましたね。
私はもしかしたら、以前出たものを買っていたのかもですが、購入しました。
内容はとても濃くて、面白く読めますよ。
羽海野さんとの対談もありますねー。
開発資料、ポケモンどうしのバトルのイメージイラストや、絵コンテなどが良かったです。
ポケモンの名前が今と違っていたりしましたね。
なかなかお買い得かと思います。

投稿: ぴよこ | 2009年5月 2日 (土) 23時43分

ぴよこさんコンバンハ☆

お久しぶりです〜!
おお!
この文庫、発売していたのですね〜!
それは興味深い。
対談には色んな方が参加しているんですね^^
羽海野さんも(@Д@)!
ポケモンの開発段階での資料というのが一番読んでみたい〜!

投稿: mutuha | 2009年5月 1日 (金) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Miss Murder | トップページ | ニセモノ »