« The Devil You Know | トップページ | smoke on the water »

ありあまる富

今日に間に合わせて、記事を用意する予定でしたが、
間に合いませんでした。

いい加減で恐縮ですが、せめて今思ったことなどを書いてみようと思います。
先月くらいの記事で予告した河童忌の前後に書く予定だった記事です。
当初、ブログ、ネット、オフなどでお世話になった方に対する感謝の意などを個別に書く予定でした。
しかし、線引きが難しく、なにより書いているうちに自分の浅はかさを必要以上に露呈する結果が目に見えてきたので辞めました。

ほか、河童忌の話でも書こうかとも思いましたが、どうも(心身ともに)疲弊しており、まさにこの記事のようないい加減なことを書くのも癪なので辞めました。
眼球がひたすら痛く、吐き気をもよおすほどであったり、公私でのオンオフの癖がついてしまい、家に帰ると何もする気がなくなっていたり、書く予定でメモのみの状態で放置中の記事がいくつもあり、それを考えるとモチベーションが下がったり。
まあ言い訳なのですが、そういったこともあり、今回記事にする予定だったものも含め、あまりいい更新はずっと出来ていないなと感じていたのでした。

他、相変わらず人と接することが異常なまでに苦手で、相手に対し病的とも思える奇妙な対応をしてしまい、酷い自己嫌悪に陥ったり。
5月頃の出来事などを記事にしていないのも、そういった感情が働いた部分もあります。
特に求められてもいないだろうと、自分で勝手に判断し、そういったことを書くのを止したり、人と距離を置こうと考えたりして誘いを全て断ったり。
また、メールをはじめたばかりの親に対し、真っ黒い感情をメールでぶつけ、腫れ物をさわるかのような接し方をされるようになったり。
ベクトルは違えど、対人に関しては関口巽先生もここまでではありますまい。

とまあ、誰から求められたわけでもなく、誰が読むかも分からず、どこに向けて書いているのか、こんな独白をしている自分は、一体なんなのかと思う次第。
この時期が近づくと、特にこういったことを考えることが多いですね。


今年は河童忌に菩提寺を訪れ、河童(どうかKappaと発音してください)を入れたパーティでポケセンにバトルに行こうかと考えていたりします。
その時の気分次第ですが、この続きやその時のことなどを書くかもしれません。
書かないかもしれませんが。

唯ぼんやりした不安を抱えつつ、またこの日を迎え、大きくなったのか小さくなったのか、進んだのか退いたのか、そういったことを考えたり考えなかったりしつつ、年齢は一つ大人になりました。
なんだか申し訳ない。

|

« The Devil You Know | トップページ | smoke on the water »

雑記」カテゴリの記事

コメント

>mutuhaさん

こんばんはー。
大丈夫ですよー。
Yondaくんが届くのは、10月過ぎくらいになるでしょうか。
忘れた頃に公開するかもです。

投稿: ぴよこ | 2009年7月28日 (火) 00時10分

ぴよこさん、こんにちは!

他の記事にコメント書いてましたか><!
すみません><;
移動ありがとうございましたm( )m
Yondaくんの記事楽しみにしています〜。

投稿: mutuha | 2009年7月27日 (月) 17時51分


夏のYondaくん!
知りませんでした><!
これは可愛いですね〜。
ついつい角川に頭を占領されていました。。。

Posted by:mutuha  at 2009年07月26日(日) 22:03

>mutuhaさん

まず、おそらくこちらの記事へのレスだと思いましたので、移動させていただきました。
ごめんなさい。
新潮の夏の100冊は、前からよく買ってますね。
Yondaくんグッズもいくつか持っていますよ。
角川は去年は鬼太郎のが欲しくて、ブックカバー応募しましたが、今年はパスかなと思います。
Yondaくんが届いたら、写真でもUPしようかなと思います。

投稿: ぴよこ | 2009年7月27日 (月) 01時15分

>mutuhaさん

こんばんはー。
著名な作家の命日には名前がついていることが多いですね。
芥川作品、晩年のものは特にmutuhaさんのいわれるようなものが多く、河童などはその典型かもしれないですね。
最近、新潮の蜘蛛の糸を収録したものの表紙がリニューアルしていたので読みましたが、これは児童向け短編が多いということもあって、じくじくした気持ちにならずに読めました。
なんとなく、月光条例に似たイメージを持ちましたね。
これで夏のYondaくんが今年は2つもらえそうです。
芥川の河童の絵は有名かもですね。
不気味ながらいい絵かと思います。


>unyokoさん

ありがとうございます。
自分はひどく後ろ向きなので、例えば同じ物事を体験したとしても、必要以上に悪く受け取るのかもしれません。
自分はできれば必要な時に頑張りたいと考えてはいても、そういう時に頑張れなかったり、逆にどうでもいいことにやたら力が入ったり、バランスが悪い気がします。
unyokoさんも大変かと思いますが、どうか上手く行きますように。

投稿: ぴよこ | 2009年7月26日 (日) 02時04分

こんばんは。

少し遅れましたが、お誕生日おめでとうございます。

何といいますか、大人として生活していくってタイヘンなことも多いですよね。私も色々と思い悩むことが多く、今はそのただ中にいます。ある意味微妙なお年頃なのかも知れません。
もがいて、もがいて、もがき苦しんで乗り越えられるよう、頑張って行きたいなぁと思っています。

ぴよこさんに心安らかな日々が訪れますように。
では〜。

投稿: unyoko | 2009年7月25日 (土) 02時45分

ぴよこさん、こんばんはー!

おお、河童忌。
知りませんでした。
そんな風に呼ばれていたのですね。
芥川作品は気持ちが引っ張られるところが多いので、
読み返すことがほぼ無いです。。。
そういえば、東大合格生のノートはどうして美しいのか?
に芥川龍之介のノートが公開してました。
芥川氏もイラスト書いたりするんだなー
と思ってちょっとビックリしました^^;

投稿: mutuha | 2009年7月23日 (木) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« The Devil You Know | トップページ | smoke on the water »