« 世界平和を願う。 | トップページ | In Search of Solid Ground »

BLUE BLOOD

先日、デアゴスティーニの
隔週刊 東宝特撮映画 DVD コレクション』を購入しました。
いわゆる、分冊版百科シリーズなのですが、これは毎回DVDが付くんですよ。
創刊号は990円で1954年公開の初代『ゴジラ』のDVD、およびそれを特集した内容でした。


東宝の特撮作品はほぼ網羅する予定のようです。
次号からは1990円ですが、気になる作品もあるので、その際は買うかもしれません。
DVDを普通に買うより安かったりもしますし。
ゴジラの逆襲』、『三大怪獣 地球最大の決戦』、『ゴジラ対ヘドラ』、『ゴジラVSビオランテ』あたりが気になっています。

画質はどうだかわかりませんが、DVDジャケの表面は映画のポスターがデザインされているんでなかなかかっこいいですよ。
ただ、裏面はかっこ悪いです。
申し訳程度に写真や解説がついていますが、文字が大きく字数が少ないため、余白が多く安っぽく見えます。
購入時に裏面は見えないので、そこでコストを削減したのでしょうか。

最近はゴジラシリーズのブルーレイも出ているし、ウルトラシリーズのDVDも値下げしたりしているので、その流れの一環なんでしょうか。
ともあれ、今後の展開に興味のあるシリーズです。



デアゴスティーニから東宝特撮映画DVDコレクションが発売】(日経トレンディ)

東宝、'54年の「ゴジラ」第1作など特撮のBlu-ray化開始
−9月以降5作品ずつ発売。「モスラ」、「ラドン」など
】(Impress Watch)




初代ゴジラは白黒作品ながら、映画の内容、ゴジラのデザインともに私の最も好きな作品です。
戦争批判、文明への問題提起、その他もろもろシリーズ中で最もメッセージ性の高いと思います。
(余談ですが三島由紀夫も絶賛していたようですね)
人類の作り出した怪獣、戦争の象徴にして、敵対者であるゴジラ。
後にシリーズ化するゴジラですが、本作の呪縛により破壊者として運命づけられた存在でもあります。
(なお、いわゆる「怪獣」が今のイメージに定着したのは京極夏彦氏いわく、この映画からだそうです。例えば江戸時代にはパンダのような珍獣などを怪獣と称したこともあったそうです。)

ゴジラは子供のヒーローであった時期もありますが、初代のこの作品に登場するゴジラは造形、演出の力ももさることながら、その存在がとても恐ろしいのです。
人類に対する怒りなのか、それとも悲しみのせいなのか、おなじみのあの咆哮から我々は様々なことを想起せずにはいられません。



ぴよこの本棚




ゴジラ(レタス)6000粒ゴジラ(レタス)6000粒

三重興農社
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 世界平和を願う。 | トップページ | In Search of Solid Ground »

怪獣」カテゴリの記事

映画とか」カテゴリの記事

コメント

>まあさん

こんばんはー。
これのCM、かなり目にしますねー。
書店などでも、力を入れてPRしていたようですよ。
ゴジラだけじゃなく、モスラやラドン、バランや海底軍艦なども網羅されているのがミソですね。
気になるものは買ってみようかなと思ってます。
冊子の方も薄いですがなかなか充実していましたよ。
キンゴジはいいですね。
モスゴジと並んで人気のあるゴジラですよね。
私は、初代の生物感のある感じが好きです。
あと細かいですが、耳のあるゴジラが割と好きな傾向があるのかも。
平成シリーズなどのボリュームあるゴジラもまた違った良さがありますね。


>BlogPetのミクラス

そうともいえます。

投稿: ぴよこ | 2009年10月 3日 (土) 22時39分

分冊するの?

投稿: BlogPetのミクラス | 2009年10月 3日 (土) 14時16分

ぴよこさん、おはようございます^^

今、CMで盛んに東宝特撮映画DVDコレクションやっていますね。
このプライスで全作品がほぼ網羅されるのなら集めよてみようかなとも考えています。
怪獣総進劇やゴジラ対ヘドラ、ガイガンなど見てみたいですね。
ちなみにまあは、ゴジラデザインではVSキングコングの時の俗にキンゴジと呼ばれているデザインがカッコいいなと思います。

投稿: まあ | 2009年10月 3日 (土) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界平和を願う。 | トップページ | In Search of Solid Ground »