« The Panic Broadcast | トップページ | 能動的三分間 »

REMEMBER WHO YOU ARE

帰ってきたウルトラマンの『怪獣使いと少年』のお話について、自分がtwitterで語ったものをまとめてみました。

この回登場のムルチ、メイツ星人に関しては、以下に詳しいので、ご参照ください。

wikipedia
ムルチ
メイツ星人


怪獣wiki特撮大百科事典
ムルチ
メイツ星人

twitterで語ったものは以下です。
続きの部分で、それをまとめたものを公開しています。

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】


ムルチのお話について簡単に。
どちらかというと自分自身、厭世家だと考えているので、このお話には結構思うところがあります。
ノンマルトやジャミラのお話などにも通じる部分があるかと思いますが、人間の醜悪な面が前面に、場面によっては誇張されて表現されたお話だと思います。
ノンマルトやジャミラの回と違う点は、(ムルチは取りあえずおいといて)メイツ星人は敵対者として描かれていないところだと思います。
それと、前述の二つのエピソードも、視聴者に問題提起するものはあるんですが、このムルチのエピソードに関しては、その問題提起に対して、受け手は明確な答えがなので、自分はこういう話は嫌いではないのですが、例えば救いのない悲惨なお話という意見があったとして、それは否定しません。
高校時代の教師がそのような表現をしていましたし。

ただ、自分の性格のせいか、「人間って素晴らしい」ってお話よりは、こういう話の方がリアルに思えるし、正しいかどうかは別として、心には確実に残りますよね(良くも悪くも)。
個人的には、いじめっ子が少年にけしかけた犬が爆発してしまうシーンと、雨の中でムルチが絶命するシーンがまず思い浮かぶこのお話の場面です。
なので自分には壮絶な印象ではあったんでしょうね。

ウルトラマンメビウスのお話も、良いとは思います。
朱川湊人さんの作品はよく読むので、小説版も読みました。
受け手にとって納得出来ない部分があったからこその、続編なのだと理解しました。
ただ、その補完の内容を認めるとしても、救われない話のままでも良かったなと思う気持ちもあるので、当然ですが、別作品として捉えています。
最後に、少年がどうなってしまったかとか、明かされない方が寓話的で良かったかなと。
少年のその後に対する、受け手の一つの解釈がメビウスのエピソードなのでしょうけど。
ちなみに、メビウス版の質に対しての云々ではないので、誤解なきよう。
明確な答えを出さず、居心地の悪いままの方が自分には感じるものがあったというか。

何が言いたいのか、分からなくなってきましたが、帰マンのムルチ、「らしい作品」ではあると思うんですよね。
作り手のメッセージ、強烈ですよ。(負の方向ですが)
共感とも少し違いますが、分からんでもないという。
これは悲しくて暗い話です。
でも、私は昔からそういう話に惹かれるんですよね。
ともあれ、Aのさかれたムルチのカードはレアなのだそうですよ。(おしまい)

|

« The Panic Broadcast | トップページ | 能動的三分間 »

Twitter」カテゴリの記事

怪獣」カテゴリの記事

コメント

>BlogPetのウインダム

今見失っているものだな。

投稿: ぴよこ | 2010年8月25日 (水) 20時57分

方向ってなに?

投稿: BlogPetのウインダム | 2010年8月24日 (火) 15時37分

>まあさん

こんばんはー。
「怪獣使いと少年」は未だに物議をかもす作品だと思います。
一度見て欲しいとは思いますが、かなり暗いのでご注意を…。
これの続編がウルトラマンメビウスの「怪獣使いの遺産」です。

シナリオを書いた朱川湊人さんの小説『ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント』にも収められていますよー。
http://www.amazon.co.jp/ウルトラマンメビウス-アンデレスホリゾント-朱川-湊人/dp/4334926924

ファイナルウォーズ、実は自分もいまいちでした…。
公開当時、鑑賞した帰り道、あまりにひどいので怒りながら帰宅したことを覚えています。
怪獣のデザインはいいし、ガイガンなど大活躍なんですが、他の怪獣の扱いがひどかったですね。
ヘドラとか、エビラとか登場が一瞬でしたし。
正直、過去作品に対する敬意が全く感じられない作品で、目下の最終作がこれであることに憤りがおさえられません。
DVDといえば、デアゴスティーニの東宝特撮DVDも好調なようで、今Vol.20を超えたようです。
結構欲しい作品ありますね。
今まで購入したのは、初代ゴジラと、ゴジラの逆襲、3代怪獣ですが、今月末発売のビオランテは買おうかと思ってます。
http://deagostini.jp/ttd/backnumber_list.php?from=21&to=40

投稿: ぴよこ | 2010年8月20日 (金) 00時44分

ぴよこさん、こんにちは~^^

ぴよこさんのムルチのお話、実に興味深く拝見させていただきました。
正直なところ、ムルチの存在は知っていましたがストーリーは?と聞かれると印象に残っていなかった様です。
この記事を読んで帰ってきたウルトラマンのムルチの回、観てみたいと思いました。
話は変りますが先日、ゴジラファイナルウォーズのDVD借りてみました。
ガイガンのデザインは良かったと思いますがゴジラと歴代活躍した怪獣達の戦闘シーンに関してはあまりにもあっけなく全体の内容としては?マークがつきました。
あくまでも私自身の評価ですが・・・^^;

投稿: まあ | 2010年8月19日 (木) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317038/36239491

この記事へのトラックバック一覧です: REMEMBER WHO YOU ARE:

« The Panic Broadcast | トップページ | 能動的三分間 »