映画とか

Neon Knights

ご無沙汰しております。

先週現在公開中の映画『パシフィック・リム』を観てきました。
今回はその感想をネタバレしない程度に。


公式サイト

続きを読む "Neon Knights"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Man on the Silver Mountain

ご無沙汰しております。
何か書きたいとずっと思っていたのですが、年末から特に生活環境が変わってしまい、ブログに手をつけられずにいました。
書きたいと考えているネタはいくつかあるんですが、時間と気力の都合で必ず掲載できると断言できないのがもどかしいところ。
恐縮です。

ところで映画「ウルトラマンサーガ」に登場した影響か、グビラのソフビが出てたので購入しました。

540835749


続きを読む "Man on the Silver Mountain"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Rock N Roll McDonalds


バーガーキング、ハンバーガーの「WHOPPER」が30分間食べ放題に

これ食べに行ってきました。
休日で混雑してたので、あまりおかわりできず、結果ワッパーチーズを3個食べて終了しました。
もう少し食べられたと思うけど、ほどほどがいいのかもですね。
おいしかったです。

ちなみに、

ワッパーチーズ 757kcal
フレンチフライ(L) 462kcal

らしいので、合計2733kcalを一食で摂取したということですね。
たまになんでいいですが、すごいカロリーですな。


そういえば、スーパーサイズミーのDVDを先日観ました。
これ結構考えさせられましたね。
面白いです。
話題先行で珍奇なイメージでしたが、実際に観ると深刻なドキュメンタリーですよ。
この映画の感想でよく出てくる「観ているとハンバーガーが食べたくなる」ってのは自分は全くなく、逆に食べたくなくなりましたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死神の子守唄

またまたご無沙汰です。


去る8月28日(日)、川崎市市民ミュージアムで開催の
実相寺昭雄展 ウルトラマンからオペラ「魔笛」まで に足を運んできました。(関連記事:URBAN-PLUS

実相寺昭雄監督は、ウルトラマンではジャミラ、テレスドン、ガマクジラ、シーボーズ、ガヴァドン、スカイドン、ウルトラセブンではメトロン星人、ペロリンガ星人、第四惑星、欠番の第12話などを担当し、映画では帝都物語などを撮られている監督です。
京極夏彦氏原作の「姑獲鳥の夏」の監督もされています。

実相寺昭雄(wikipedia)

実相寺監督は天才とも奇才とも呼ばれ、例えば「ウルトラマン」においてはテレスドン以外には、ウルトラマンにスペシウム光線で怪獣を倒させず、スカイドン回ではハヤタがフラッシュビームとカレーのスプーンを間違えて掲げてしまうという有名なシーンを撮影し、「セブン」ではメトロン星人で木造アパートとちゃぶ台(ダンとメトロンがちゃぶ台を挟んで向かい合うシーンは有名ですね)、ペロリンガ星人回では下町といった日本的なものを作品中に出し、世界進出を狙っていた上層部の怒りを買い、一時干されたり、第四惑星では怪獣の出てこない作品を作ったりと、逸話の尽きない方です。

円谷作品と縁が深く、怪奇大作戦や、平成ウルトラシリーズなどにも参加されてどれも個性的な映像を撮っておられます。
自分は、円谷の実相寺監督の作品はどれも好きなのですが、特にジャミラ登場のウルトラマン「故郷は地球」、メトロン星人のセブン「狙われた街」、ウルトラマンマックスの「胡蝶の夢」が好きですね。
何度観ても素晴らしく、奇妙なアングルや白昼夢のような演出、視聴者に問題提起するかのようなシリアスな内容、そういった特色のものを多く作り出していると思います。


ともあれ、自分は大好きな監督でして、語りつくせないですし、もっとコアなファンの方もいらっしゃるので多くは語らず、追記で展示の感想などを述べようと思います。


続きを読む "死神の子守唄"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

まちあわせ

またご無沙汰してます。
色々ありまして、また更新が滞ってしまいました。
ごめんなさい。

今回は、『たまの映画』のお話です。
公式HP

先日、『たまの映画』のDVDBOXを購入しました。

まず「たま」をご存知ない方もおられるかもしれませんので簡単に。
ファン以外の方にも分かりやすく、すごく簡単に説明させてもらうならば、「たま」は90年代初期に「さよなら人類」という曲をヒットさせ一世を風靡したバンドです。
当時人気だったバンド発掘番組「イカ天」で人気が爆発、紅白にも出場し、「たま現象」なる言葉も生まれました。
たま(wikipedia)

『たまの映画』は、その「たま」の今の姿を映したドキュメンタリー映画です。

この映画は
今、誰も死んでいないし
今、再結成もしないし
今、何周年でもないバンド
かつて「たま」だった人たちが
今に至った経緯と
2009年7月から12月までの
活動の記録である


というすごく「らしい」キャッチがつけられています。
劇場公開当時は観にいけなかったですが、すごく気になっていたので、先日発売したDVDを購入したんですね。
2回観ましたが、中身は表現がなかなか難しい作品で、こうって言いづらいんですよね。

ひとつ言うとすれば、この映画は最後のチャプター名でもある「やりたいことだけ」っていう部分に集約されている気がしました。
この「やりたいことだけ」って言葉はすごいと思います。
石川さんの「やりたいことが出来ていれば、たとえお金がなくても納得ができる。」という言葉は、自分の中でかなり共感できるものでした。
しかし、実際に「やりたいことだけ」と発言することは相当難しいことではないのかと思います。
多分、この社会でそれを言える人は自信を持ってそれを言える人はほとんどいないんじゃないでしょうか。
社会的な成功云々問わず、なんらかの形で充足した部分を持っている、正しい意味で「豊か」でなければ口に出せない気がするんですよね。
少なくとも、自分が口に出すには強すぎる言葉のように思いました。

そして、「たま」は自分が初めてはまったバンドで、しかしここ数年の動向をチェックしていませんでしたが、彼らはずっと良い音楽を作り、「たま」であり続けて、解散した今も彼ららしくやっているんだなって感慨を感じたのでした。

ちなみに、『たまの映画』の感想をtwitterでつぶやいたら(コチラ)、たまの石川さんが拾ってくれて驚きました。
以下の発言ですね。

たまの映画で、大槻ケンヂ氏が「たまは大きいハコでもライヴハウスと変わらないことをしていて、親子連れなどがエンタメ的なものをバンドに求めていた図に違和感を感じた」みたいな発言はよく分かるな。自分も「さよなら人類」で知って当初楽しい音求めてたけど、聴きこむと本当に深いバンドだもんね。

伝説のバンド『たまの映画』石川浩司、監督に話を聞く(映画ニュース)

元たま石川浩司もびっくり!たまの映画が「一瞬AKBのドキュメンタリー映画を抜いてランキング1位になった」(シネマトゥデイ)

たま公式サイト


続きを読む "まちあわせ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レキツ

Twitterで新聞を生成してくれるサービスを試してみました。

デイリーぴよこ

毎日、自分のフォローしている方の記事を収集して、新聞を作ってくれるサービスです。
右下にブログパーツを設置してみましたが、重いので1週間ほどで外すかもしれません。


それと、自分のTwitterでの発言をつぶやいてくれるブログパーツを
TwittPetに換えてみました。
右側に設置してあります。
デザインがブログペットに似ているのもあり、前のものより愛着がわきますね。
なかなか気に入っています。
TwittPetはコチラで作成できます。

ちなみに、ブログのカテゴリに「Twitter」を加えました。

続きを読む "レキツ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The Panic Broadcast

先日、ポケモンの映画を観て来ました。
去年は書かずじまいでしたが、今年は書くかもしれません。
(といいつつ、書かなかったらすみません…;)
アリエッティも後日観にいく予定。
京極夏彦原作のルー・ガルーも気になっていたり。


さて、映画といえば近日公開の
特攻野郎Aチーム THE MOVIE
に、「ランペイジいるかい?」でおなじみの元UFC王者で、PRIDEでも活躍した格闘家、
クイントン・"ランペイジ"・ジャクソンがコング役で出演しています。(公式サイト左端)
結構はまり役かも。
(余談ですが、ランペイジのwikiの写真、もっといいの無かったのかな)

映画のサイトでは、こんなのも作れました。
http://blog.foxjapan.com/movies/ateam/news/2010/08/a_3.php
A4
ぴよこのAチーム

ちなみに以前コングの缶バッジを持っていましたが、最近探したらどこへいったのか無くしてしまったようです。
結構気に入っていたのに…。


特攻野郎Aチーム THE MOVIE - 【映画情報】

続きを読む "The Panic Broadcast"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗い日曜日

ちょうど2年ほど前から使っているブクログが少し前にリニューアルしまして。
結構使い勝手がよくなってます。
今までの本棚に加え、ブログモードの追加が自分の中で評価が高いですね。
コメントも残せるようになりましたし、簡易的ブックレビュー形式のブログとしても使えそうです。

先日mutuhaさんのブログで、ブクログのレビューを自分のブログに反映させることも出来ることを知ったので、試しにやってみました。
これはかなり使えそう。


※内容に関する感想ではありません。

量販店で値引きをされていたので購入しました。
しかし、家に帰って確認してみると下巻だったことが判明。
ヲヲーン!という気持ちになりました。
上巻をamazonさんで確認したところ、新品で定価以下での販売がないようでした。

「楽しいムーミン一家」はその名のとおり楽しいアニメですが、この時私はなんだか物悲しい気持ちをおぼえたのでした。


この機能、今後採用していくかもしれません。
簡単なレビューなら、かなり便利な機能ですね。

ぴよこの本棚

| | コメント (2)

星のように

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEの前売りを買いました。

ネットで購入したので、特典はウルトラマンベリアルのカードに加え、円谷プロ社内のみのオリジナルクリアファイルも付属してました。
(もうひとつの特典のハンカチは品切れだそうです。)







ウルトラチャンネルニコニコ特撮 powered by 円谷プロにも予告動画が次々UPされており、それを見るたび公開がますます楽しみになってます。


続きを読む "星のように"

|

Cosmic Egg

ルー=ガルー:京極夏彦のSF小説、劇場版アニメ化 2010年公開へ】 だそうですね。

好きな作品なので期待してます。
しかし、原作小説の最初のものの装丁から、ずっと荒木飛呂彦とか、田島昭宇とかその辺のイメージを持っていたので、いまだにアニメっぽい画風だと若干違和感があります。
コミック版も違和感あったけど、あれはあれで悪くないとも思いましたが。


京極作品のアニメ化が最近多いですね。
『どすこい』もよろしくお願いします。
すみません嘘です。


『ルー=ガルー』 公式サイト

ぴよこの本棚




ルー=ガルー 忌避すべき狼 (講談社ノベルス キF- 16)ルー=ガルー 忌避すべき狼 (講談社ノベルス キF- 16)

講談社 2009-10-22
売り上げランキング : 1421

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

より以前の記事一覧